浴室リフォームにかかる費用と業者の正しい選び方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

浴室には「システムバス(ユニットバス)」と呼ばれる壁と浴室と床がセットになっているものと、
通称「在来浴室」と呼ばれるタイルや石張りの土間に埋め込み浴槽で、壁はタイルや板あるいは塗装仕上げなどで構成された昔ながらの浴室の2種類があります。

浴室のリフォームは現在どちらの浴室を使っているかによってかかる費用が異なってきます。

ここでは、最近は一般的になっているシステムバスにリフォームする場合にかかる費用や後悔しないための業者選びの方法を説明していきます。

1 浴室リフォームにかかる費用

浴室をリフォームする際に、今使っているのがシステムバスなのか在来浴室なのかでかかる費用が異なります。以下ではそれぞれのケースについて紹介します。

1-1.システムバスからシステムバスにリフォームする場合

まずは現在システムバスを使っていて、リフォーム後もシステムバスを導入する場合について見ていきます。

本体価格

浴室の本体価格についてですが、システムバス自体の価格はグレードやオプション構成によって異なりますが、見た目にこだわらなければ、機能面にある程度配慮されたものであっても40万円台(組立工事費含む)から設置可能です。

もちろん、上を見ればジェット付やTV付などのオプションで100万、200万などいくらでもありますが、最低限のもので良いという場合は比較的安く抑えることができます。

付帯費用

浴室をリフォームする際には本体費用以外に

  • 養生にかかる費用
  • 解体費用

といった「付帯費用」が必要です。

まずは、養生にかかる費用についてですが、玄関やリビングの掃出し窓など屋外から搬出入するために、家の中を傷めない様に保護する必要があるため養生を行います。養生の量によって異なりますが、1万円程度となります。

次に解体費用ですが、処分費も含めると10~15万円程度かかります。
そして給排水管と電気配線のやり替えがあり、職人が2~3回入ることを想定するとそれぞれ5~6万程度必要となります。

他に、窓や脱衣場からの出入口まわりの交換や修繕費がかかります。
例えばリフォーム前後で同じメーカーを使えば既存の窓を変えずに活かすのであれば最低限で済みますが、難しいケースが多いため確認が必要です。

こうしたことを考慮し、窓枠と出入口で20~30万円程度はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

これら付帯費用がだいたい40~60万円程度だとすれば、浴室リフォームの費用は合計で100万円台~となります。

あとはケースバイケースでかかってくる費用となりますが、もし既存浴室を支える床束(脚)がブロックなど簡易的な基礎石に乗っていた様であれば、この際にコンクリート土間を打って安定化させることをすすめします。これはだいたい4~5万円程度みておけば良いでしょう。

さらに、窓をペアガラスタイプに変更したり、大きいものに変更するのであれば、窓の下地補強や外壁切欠き+補修も絡めて15~20万円程度かかりますが、長期的に使い続けるのであればぜひとも導入したいものですので、予算に合わせて検討してみましょう。

1-2. 在来浴室からシステムバスにリフォームする場合

次に、現在在来浴室を使っていてシステムバスにリフォームする場合について見ていきます。

システムバスと異なる点は、家屋の構造体にくっつけるように造られているため、解体費用が少し高くなることです。

特に床部分には大概コンクリート土間が打たれているため、削り取る必要があり、ガラ処分のや新しい土間打ちを含めて5~10万程度かかります。

浴室の形状が長方形で、脱衣室との段差が20cmちょっとあれば、うまくすれば既存土間を壊さずにマンション用のリモデル浴室を活用できる場合もありますので、業者に相談することをおすすめします。

出入口の扉は完全にシステム用とは異なるため、脱衣所側の枠・内装一部も含めて改修することとなります。この場合、費用は20〜30万円程度かかります。

在来浴室の場合、換気設備の仕様や経路が異なることが良くあり、窓の改修を含めると外壁の貫通口の処理など含めて5万円程度かかります。

また、ボイラー式など旧型の給湯設備が組み込まれている場合は、給湯器の新調とガス工事などが絡んでくるので注意が必要です。
給湯器も一概に言えませんが、一式20万円くらいからかかります。

さらに、古い在来浴室でよく見られるものとして、土台や柱など下地構造材の腐食があります。これは解体してみなければ分からないものであり、状態によって修繕費がかなり変わってくるので厄介なケースです。

湿気が生じる場所だけにシロアリの食害を受けていることもあり、10万程度で済む場合もあれば、30万円くらいかかってしまう事もあるということを知っておくと良いでしょう。

このように在来浴室からシステムバスにリフォームをする場合、解体費用の他に諸々の費用がかかってきてしまうため、予算内で優先順位を決めるようにしましょう。

2 安くするためのポイント

1で見てきたとおり、現在使っているものが在来浴室であれシステムバスであれ、かなりの費用がかかることが分かります。そのため、できれば安く抑えたいという方も多いのではないでしょうか。

多くの人は最初のリフォーム費用につい目が行きがちですが、最近は省エネタイプの部材が増えてきているので、イニシャルコストだけでなくランニングコストも考慮する事により、長期的にコストを抑えることが可能になります。

LED照明は今では標準仕様になっていますが、ほかに節水型のカランやシャワーヘッド、断熱タイプの浴槽やヒンヤリ感の無い床材などがあります。

そういったものを予算に合わせて上手く取捨選択することで、光熱費の削減に大きく役立ち長い目で見ればコストを抑えることができます。

イニシャルコストにおいては、浴室を製造しているメーカーごとに安いタイプも売られているため、それぞれ候補のタイプを選定し、価格を比較してみてください。

建築業者によって強みのあるメーカーもあるので、そうしたことも考慮すると良いでしょう。

3 失敗しない業者の選び方

安くリフォームができたものの、後から不具合が出てしまったらそれは満足のいくリフォームとはいえません。

業者を選ぶときは必ず工事管理とアフターサービスがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

まずは現状を確認のうえ、状態に応じた提案と説明をしっかり行ってくれるところが望ましいです。

また、見積もり提案においても、なんとなく「くれくらいかかる」といった曖昧な説明ではなく、工事の内容や明細がしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

浴室と言う小さな空間でありますが、日々の疲れをとる重要な場所ともいえます。

そのため、使い勝手やメンテナンス性に関わる部分をアドバイスしてくれるというのも非常に大切なポイントです。

「我々に任せれば低コストで良くやりますよ」というお任せ状態は、余程でない限り避けるようにしましょう。

4 まとめ

浴室は建物の中でも特に維持管理上、重点チェックが必要な場所ですので、リフォームをする際にはしっかりした処置をしておきたいところです。

浴室のリフォームというのは、目に見える部分と目に見えない部分があるので、実際に業者によってみてもらうまではいくらくらいかかるのか、どういう工事が必要になるのかがわからないものです。

もしもの場合の予算もある程度考えておき、ご自身の要望も併せて相談されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る

SNSでもご購読できます。