玄関リフォームにかかる費用と失敗しないための業者選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

家のリフォームを考える時に、ついつい家の中でよく使う場所や、よくいる場所を重視してプランを立ててしまいがちです。玄関は使用する頻度が少ないため優先順位が低くなってしまいます。

しかし、玄関はその家の第一印象を決める大事な場所なので、安易に考えるのも危険です。

とはいえ、「玄関だけにそれほど費用はかけられない」という方も多いと思います。

また、「安ければいい」というわけではないのがリフォームの難しいところ。正しい業者の選び方も知っておかなければなりません。

そこで今回は、玄関のリフォームにかかる費用と、費用を抑えるためのポイント、そして正しい業者の選び方をお伝えします。

1 玄関リフォームにかかる費用

玄関のリフォームする際には見た目以外に広さや使い勝手も考慮しなければいけません。

玄関リフォームのポイントは3つあります。それは「ドア」「収納」「内装」です。

予算に応じて、この中のどこか一部分だけリフォームするのか、全部をリフォームするのかを検討しましょう。

以下では、玄関ドアだけをリフォームする場合と、内装もリフォームする場合について見ていきます。

1-1.玄関ドアだけを交換する場合


玄関ドアだけをリフォームする場合、もともとのドアがどういったドアになるのかで費用が変わるということをまずは知っておきましょう。

最近は、既存の枠を壊さずに新しい枠を被せ、ドアを設置するという「カバー工法」が採用できるようになってきました。カバー工法が可能であれば、最もコストを抑えてリニューアルが可能となります。

ただし、既存のドア枠にカバーを被せる形になるので、ドアのサイズは若干ですが小さくなります。

その他にも、新しいドア枠を既存の枠から見て外の方向に持ち出して取り付ける「持ち出し工法」や、既存の枠はそのまま使用し、ドアだけを交換する「扉交換工法」などがあります。

どの工法を採用するかで費用は変わってきますし、ドア自体のデザインもさまざまな種類があり、金額もデザインによって大きく幅があります。そのため、一概には言うことは難しいですが、おおよそ30万円から60万円程度かかると考えておくとよいでしょう。

また、ドアの大きさを変えたり引き戸にしたりすることを検討している方もいるかと思いますが、この場合は既存の枠をそのまま使いにくいことが多いので、ドア周囲を壊してドア枠をゼロから作り直す必要性が出てきます。すると、必然的に内装も絡んだ作業になり、費用はかなりかかります。

こうしたことは実際に現地を見ての判断が必要となるため、専門業者に確認してもらいながら相談するようにしましょう。

1-2.内装もリフォームした場合

玄関ドアだけでなく、ついでに内装もしたいと考える方もいるでしょう。

リフォーム玄関の内装と一言で言っても、下駄箱などの収納の設置や、土間の敷タイルの貼り替え、壁材の変更、照明器具の取り替えなど、様々な種類があります。

もちろん、どの部分をリフォームするかで費用は変わってきますが、それぞれにかかる費用は10万円から20万円ほどが相場です。

そのため、内装全体で30万から60万円程度はかかると思っておくとよいでしょう。

他にもバリアフリー化が必要となる場合はさらに費用がかかるということは知っておきましょう。

また、玄関が狭い場合、もし現時点で玄関に物が積んであったりするようであれば、多少狭くなってもすっきり片づけられる収納を増やしてしまうことで、逆に使いやすくなることも十分に考えられます。

見た目がすっきりすることで、心持ちが前向きに変わってくる事もあります。なるべく多角的に検討を行って良い改修を行う事で、より良い日常が実現できるのです

2 費用を安くするためのポイント

玄関だけのリフォームでも、内装を含めた工事をすると意外と費用がかかるということを感じられたかと思います。

そこで、ここでは玄関のリフォーム費用を少しでも安くするために知っておきたいポイントをお伝えしたいと思います。

費用を少しでも安くするには、アルミの素材を採用することです。

玄関のドアは、現在アルミを素材とした既製品の普及率が高く、費用も比較的安いため採用するご家庭が非常に多くなっています。商品カタログの定価から割と簡単に施工価格を調べられることもメリットです。

ただし、費用だけにとらわれない視点を持つことが大切です。

例えばデザイン面で、ドアをアルミにすると外観が損なわれてしまうケースもあるでしょう。現状を良く踏まえた上で何が最も相性が良く、コストとのバランスが優れているかをしっかり見極めるようにしてください。

ドア自体は高くつくかもしれませんが、あえて木製のドアを製作した方が、外観が良くなり、リフォームの本来の目的を果してくれるかもしれません。

他に、安くするためには、できる限り今あるものを生かすことが大きなポイントになりますが、実際にはそれが難しいことも多く、場合によってはメリハリを持たせるのも一つの方法です。

最終的な見た目と使いやすさ、そして金額をしっかり聞いて把握し、捨てる部分は捨てる、残す部分は残す、とはっきり決めてしまうことも、最終的に安くすることに繋がります。

3 失敗しない業者の選び方

リフォームを扱う業者は数多く存在し、どこの会社に頼めばよいのか悩みますね。

ただ安く済ませられれば良いというわけではありませんよね。

リフォームはオーダーメイドです。同じ要望で依頼しても、会社によって提案内容、使う素材、造り方、最終的な見積額は違ってきます。

いろいろな視点があって難しいと感じるかもしれませんが、まずは住まいづくりの実績を見るのが重要です。

やはり十分な実績がない会社にお願いすることは、あなたの理想のリフォームを叶えることが難しくなる可能性があります。

また、それに基づくアフターサービスなどの体制がどうなっているか、という点も実績と絡めて考えましょう。

リフォームが終わったら何もフォローしてくれない、というのでは何かあった場合に不安です。必ず確認しておきましょう。

そして、実際には施工事例などを見せてもらったりしながら相談するのが良いでしょう。

現状を業者に見てもらったうえで、「ご要望に対して何でも出来ます!」ではなく、どこが悪くて、どの辺にポイントを置くことが重要か、などのアドバイスもあると信頼できますね。

4 まとめ

費用やリフォーム会社の選び方について説明してきました。

玄関のリフォームだけとはいえ、いろいろ考えると、どうしても費用はかさみます。

しかし、玄関は家の顔となるわけですから金額だけで判断はせず、しっかりと業者と話し合って進めるようにしてください。

失敗しない業者の選び方は

  • 実績を見る
  • アフターサービスを確認する
  • 自分に合ったアドバイスをくれるか確認する

の3つです。

この記事が玄関リフォームの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。