これだけはチェックしておこう!注文住宅を建てるときの流れとポイントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

注文住宅を建てるにあたり、どのような流れ進めていけばいいのでしょうか。

まず先に決めておくこととして、
・家のイメージを固める
・予算を決める
・土地を決める
・住宅ローンの相談をする
というものがあります。

その後に、依頼する業者を決め、契約、工事と進んでいきます。

業者選びは家を買うときにはとても重要なポイントとなるので、信頼できる業者を見つけるようにしましょう。

それでは、注文住宅を購入するまでの流れについて見ていきたいと思います。

1.まずは先に決めておくこと

1−1.どんな家に住みたいか、イメージを固める

注文住宅は一般的な建売住宅とは違い、間取りや部屋の大きさ、仕様などを建主の好みに注文することができ、自分たちの理想通りの家を造ることができます。

その自由さが、あれもこれもとなってしまい逆に迷ってしまうことにもつながります。そうすると当然費用は跳ね上がりますので、「これだけは譲れない」というものの優先順位を決め、イメージを固めましょう

和風や洋風、モダンなデザインなど希望するテイストに沿ったデザインにすることが可能です。
家族内でよく話し合い、家造りについてしっかりと討論を重ねることが大事です。

1−2.予算を決める

どんな家にしたいかがある程度決まったら、次に考えなくてはいけないものは「総予算」です。

建て替えや土地を所有している場合は建物や外構だけの予算を考えればいいのですが、もし土地を所有していない場合、まずは土地から探し、購入しなくてはなりません

土地と建物にどのくらい費用かかるのかについてある程度考えておくことが必要です。

また、先にも書きましたが、注文住宅は自由にデザインできるという特徴から費用が上がりやすい傾向にあります。
そのため、「総予算」を考えることはとても大切なことです。

1−3.土地を決める

予算が決まったら、土地を探しましょう。広さや利便性、周辺環境など、予算に合わせて検討を進めていきます。

このとき、意外と知られていないのですが、購入する土地の「地名」を意識しましょう

たとえば、水に関する言葉(沼や沢など)が地名に入っている場合は、昔は辺りが水辺だったことからその地名がついたという場合も多く、そのため地盤が脆弱な可能性が高いのです。

このように、地名である程度地盤の強さの予測ができることもあります。
建物を建築する前に行う地盤調査で、地耐力が基準を下回ってしまうと改良工事を行う必要が生じ、土地の規模にもよりますが100万円以上費用がかかることもあるので、注意が必要です。

また、会社によっては土地についてのアドバイスをしてくれるので、土地を購入する前に、信頼できる会社にひとまず相談し、意見を聞くことをおすすめします。

1−4.住宅ローンの相談をする

ある程度イメージが固まったら、次に住宅ローンの事前審査の申請をしましょう。
借り入れる金額や毎月の返済金額をシミュレーションしてみて、もしかしたら予算を変更する可能性もあるかもしれません。

毎月いくら返済できるのかをよく考え、相談するようにしましょう。

住宅ローンについては注文住宅を建てるときの住宅ローンの流れと注意点についてで詳しく説明しています。もっと知りたい方は参考にしてみてください。

2.依頼する業者を決める

土地のめどがたちましたら、いよいよ施工会社を検討します。業者選びはとても大切なので、決して簡単に決めないようにしましょう。
業者を決める際は1社だけに絞らず、何社か並行して見積もりやプランを提出してもらい検討することをおすすめします。

理由としては、家づくりにかかる費用が適正なものか比較できることに加え、各社それぞれの内容や特色を比較することでき、より広い視野で業者を検討することができるからです。

また、「本当に建主のことを考えた上でのアドバイスをくれるか」「しっかりとした技術力があるか」という2点もとても大切です。
その業者が契約を取りたいという気持ちだけでなく、本当にあなたのことを考えてくれているか、ということが重要なのです。

業者の選び方については購入前に必ず知っておきたい注文住宅の注意点についてで詳しく説明しています。失敗しないために必ず目を通してください。

住宅は多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。あなたの信頼できる業者を見つけるようにしましょう。

3.契約(注意点など)

施工してもらう会社が決まったら、いよいよ契約を結びます。

契約の際は総費用や支払い方法、工期をしっかりと確認しましょう。
約款(契約の取り決め)の内容にも目を通し、疑問が生じたら確認を取り解消しておくことも重要です。

さらに、契約見積りの内容もしっかりと把握しておいてください。
基本工事に入っていると思っていた項目が抜けていたり、選んだものと違った住設機器が入っていたりと、契約後にトラブルが発生することは少なくはありません。契約前に照らし合わせておきましょう。

注文住宅の場合は、一般のハウスメーカーの様な標準仕様に基づいた見積金額ではなく、注文した仕様に対する見積金額になりますので、詳細な仕様・金額がまとまるまでは多少時間がかかることを頭に入れておきましょう。

会社によっては契約を急かしてきたりすることもありますがそういう業者は要注意です。
業者のペースに流されず、しっかりと納得した上で契約を結ぶようにしてください。

4.確認申請

契約を結び、工事に入る前に行わなくてはならないのが、確認申請です。
提出してもらったプランが建築基準法に適合しているか、法的規制を遵守しているかなどを国や民間の指定機関で審査を受けます。

これについては素人では難しく分からないことがほとんどかと思いますので、業者にお任せでよいでしょう。

5.工事前の近隣挨拶

確認申請がおりると、建築確認済証が交付され、工事を始めることができます。ですが、その前に近隣挨拶は必ず済ますようにしましょう。

工事中の騒音のみならず、工事車両の出入りなどで近隣の方々に迷惑を掛けてしまうので、必ず行ってください。また、その際は手土産も持参するようにしましょう。

近隣の方とは家を建てた後も長い付き合いになるので、できるだけ良い関係を築くよう心がけましょう。

6.工事開始

工事が始まったら、できるだけ現場に足を運ぶことをおすすめします。
自分の家が建つという実感はもちろん、愛着も湧いてきます。
また、職人さんと交流することで、造る側と建てる側、互いが満足できる家づくりに繋がることでしょう。

7.工事終了(竣工)

工事が完了すると、引き渡しの前に「竣工検査」があります。

ここでは施主と工事監理者などが立会い、完成した建物に傷や建付けなどの不具合がないか一通り確認します。ここで、何か不具合があった場合に修繕は入居前と入居後、いつ行うのか業者側としっかり確認しておきましょう

これとは別に役所や検査機関の「完了検査」があり、そちらも無事に済むと建築完了検査済証が発行されます。確認申請書と同様に大事に保管しておきましょう。
将来建物の売買を行う際は必要となってきますので、紛失しないように気を付けてください。

確認が済むと、建物の引き渡しが行われます。そこで玄関ドアなどの鍵一式や仕様書を受け取りますので、住み始めることができるようになります。

引っ越しの期日などが決まったら、あわせて電気・ガス・水道の使用開始の手続きをしておくとよいです。また、建物が完成すると登記をする必要があるため、業者側と確認を取っておきましょう。

8.まとめ

以上のように、一軒の家を建てるためにはたくさんの過程があります。
その都度、業者と連絡を取り合い相談しながら、抜けがないかこまめにひとつひとつ確認しながら段取りを進めていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る