住宅の断熱材を比較し、家づくりの参考にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

電気や石油・ガスなどののエネルギー不足は世界的に深刻な問題となっていますが、特に資源の少ない日本ではエネルギーがあまり自給できず、国を挙げての省エネ対策が進んでいます。

住宅の分野でも、こうした省エネ対策に高いレベルで対応できるよう、高機能な建材が数多く出ています。
特に断熱材は様々な種類のものが流通しており、住まいに合ったものを選ぶことで冷暖房の効率も格段に上がります。

そんな断熱材の種類やそれぞれの特徴について、具体的にご紹介していきます。

住宅の断熱材とは?

そもそも断熱材とは、外の寒さや暑さを室内に入れず、室内で作った暖かい空気・冷たい空気を外に逃がさない、魔法瓶のような役割を担う住宅用の建材です。

工業の分野では「保温材」とも呼ばれ、その原理から、熱の移動を防ぎ、熱の伝わりを最小限に抑えるものが、冷暖房効果を高める良い断熱材であるとされています。

断熱材は、いわば建物にとっての「洋服」。天井や壁、床の内側に仕掛けることで建物全体をすっぽりと包む込み、外気や内部環境の変化から建物を守ります。

冬は暖かく夏は涼しい環境を保ってくれる断熱材は、快適なマイホームづくりに欠かせない重要な要素なのです。

断熱材の種類

では早速種類別に断熱材の機能や価格の目安を見ていきましょう。
なお、参考価格は延床面積40坪ほどの住宅1棟における概算費用とします。

繊維系断熱材

繊維系断熱材は粒子の非常に細かな繊維でできており、その繊維の間に空気を閉じ込めることで空気層を作り断熱します。

グラスウール 参考価格:25万円

住宅に最も多く用いられるのが、ガラス繊維でできたグラスウール。他の断熱材と比較しても価格が圧倒的にお手頃であることで知られています。

機能面においても、ガラスでできているため、当然ながらシロアリなどの害虫や、火災にも強いというメリットがあります。

そして、実はグラスウールは防音効果がある建材としても定評があり、映画館やコンサートホールといった公共の建築にも使われているのです。

住宅でも、シアタールームを作る場合やピアノなどの楽器を演奏する場合には特に人気があります。

ロックウール 参考価格:30万円

グラスウールの次に人気が高いのがロックウール。岩を高温で加工した繊維であり、一般的に「石綿」「岩綿」と呼ばれています。
「石綿」ですが問題となったアスベストとは異なり、繊維が太いため呼吸などで体内に取り込まれる心配がありません。

耐火性や吸音性、撥水性が高く形状安定に優れていることから、公共施設でも用いられることが多い建材です。

セルロースファイバー 参考価格:100万円

古紙や新聞紙、ダンボールなどを加工し、繊維状に成形した断熱材です。
紙からできているため湿度の調整機能に優れており、結露対策にも効果が期待できます。

また、紙が素材ではありますがホウ酸や硫酸アンモニウムなどを特殊技術により配合することで、防火機能や害虫予防効果も持たせているのが特徴です。

費用はかかりますが、環境に優しく機能性も高いハイブリッドな断熱材として、近年人気が高まっています。

羊毛断熱材 参考価格:50万円

衣服に使われるウールを使用した断熱材です。

衣服として流通できなかったリサイクル用の羊毛を断熱材として生まれ変わらせたもので、羊毛ならではの調湿性や熱の伝導を抑える効果から、結露の気になる住宅や自然素材を好む家庭から多く採用されています。

ポリエステル断熱材 参考価格:50万円

ポリエステル断熱材は、ペットボトルの再生材で作られています。

湿気を吸わないため、断熱性能が低下しにくいのがメリット。
また他の繊維系断熱材に比べ繊維が柔らかくチクチクしないこともあり、施工者に好まれている建材です。

発砲系断熱材

発泡スチロールなど、チップ状の発泡材を圧縮させた断熱材。気泡の中に空気を閉じ込めることで断熱します。

ポリスチレンフォーム 参考価格:55万円

水や湿気に強くて軽いのがメリットであるポリスチレン。

施工が容易であるため、価格も比較的お手頃です。シックハウスの原因物質であるホルムアルデヒドも含まないため、アレルギーを持っている方や小さなお子様のいるご家庭にも好まれます。

施工方法はポリスチレンを連続して発砲させる「押出発砲法」とビーズ状のポリスチレンを金型に入れ発砲させる「ビーズ法(EPS)」があり、ビーズ法の方が、より施工期間が短くできる傾向にあります。

ウレタンフォーム 参考価格:70万円

ガス系の発泡剤を充填させて作っています。他の断熱材と比較してより熱を伝えにくく耐久の高い建材で、歴史も長いため品質も安定しています。

フェノールフォーム 参考価格:75万円

北欧の住宅にも多用される高品質の断熱材。不燃・準不燃の認定を受けている商品も多く、防火性や耐薬品性に特に優れていることで知られています。

フェノールという樹脂材に発泡剤や硬化剤を加え板状に成形しており、防火性については炎に触れても有毒ガスがほとんど出ないため、店舗や施設にもよく用いられています。

施工方法による比較

ここまでは断熱材の種類について見てきましたが、種類によってどのように施工をするかが異なってきます。

最も断熱効果を発揮できる箇所が種類により異なっており、大別するとその箇所が外壁側か室内側かによって、工事をするタイミングや工期も異なってくるからです。つまり、断熱材の種類と工法はセットで考える必要があるのです。
それぞれの特徴を把握した上で、ご自宅に合った組み合わせを検討してみてください。

外張り断熱

通称「外断熱」と言われ、柱や梁などの外側、つまり外壁側に断熱材を貼る工法で、ウレタンフォームやポリスチレンフォーム、フェノールフォームなどの断熱材が主に使用されます。

構造躯体が断熱材の内側にくるため、屋外の環境から躯体を守ることができるというメリットもあります。また、躯体である木材の外側をぴったりと覆うように施工するため、室内の気密性を保ちやすいというメリットがあります。

躯体の内側に断熱材を詰める充填式の断熱に比べ、室内スペースも若干広く確保できます。ただし施工に手間がかかるため、費用面では高くなりやすいというデメリットが。

充填断熱

「内断熱」と呼ばれる工法で、壁や天井の中、内装下地の内側に断熱材を詰めていく工法です。主にグラスウールやロックウールといった繊維系の断熱材が用いられます。

施工が比較的容易なため工事費用が安い反面、木材との取り合いの関係で隙間ができやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

まとめ

住まいの断熱材の種類についてご紹介いたしました。

工事業者に勧められるままに断熱材を決めてしまうと、後々機能面で後悔してしまうこともあるかもしれません。また一言「断熱材」といっても、その材質や施工法によって価格や工期等にも大きな差があることがお分かりいただけたと思います。

断熱材選びは、価格と機能性が高ければ良いというものでもありません。

「結露が気になる」「防音効果がしたい」「自然素材で安心できる生活を」
このように手に入れたい生活スタイルを具体的にイメージして、その目的に合った断熱材を選ぶことをおすすめします。

とはいえ、これだけある断熱材を選ぶのもなかなか難しいかと思いますので、迷われたらぜひ専門家に相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る