必ず知ってほしい中庭のある家のメリット・デメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

家の中に中庭を取り入れることで、プライベートを確保できたり、採光を確保できたり風通しがよかったりと多くのメリットがあります。
一方で知っておくべき注意点(デメリット)があることも事実です。

今回は中庭のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。検討している方の参考になれば幸いです。

1.中庭のメリット

まずは中庭のメリットについてご説明いたします。

1-1.外部からの視線が気にならない

中庭は、庭が建物に囲まれているため、パラソルなどを設置してゆっくりとお茶をしたり、子供をプールで遊ばせたりできるなど、外部からの視線を気にすることなく気軽に庭で憩いの時間を過ごすことができます。

また、洗濯物を気軽に干せたりするなど、視線を気にせず多様性のある使い方もできます。

さらに、カーテンを締めきらなくて良い生活も可能であり、住宅同士の間隔が狭く近隣の視線が気になりがちな都市部の住宅地などにおいては、特に大きなメリットといえるでしょう。

1-2.自然光を確保しやすい

都市部など住宅同士の間隔が狭い土地であれば家の中に自然光を入れるのが難しい場合が多いです。

しかし、中庭があると、その解放された空間から十分に採光を家の中心にとることができるので、通常なら日陰になってしまうような箇所まで日差しを取り込むことができます。

一般的に採光がとりづらい北側に面する部屋でも採光を確保することが可能です。

こうしたことから、間取りにもよりますが、中庭を設けることで多面的に家の中で自然光を取り入れることができ、住まい全体の明るさを高める効果が見込めるのです。

1-3.風通しのよい家づくりができる

先ほどの自然光と同様、都市部など住宅同士の間隔が狭いと風通しも悪くなってしまうことが多いです。

そこで、建物の中心に中庭があることで、部屋の中の通気性が良くなり心地よい風が流れ込んできます。

また、中庭は太陽光に暖められると上昇気流を発生させ、この際に周囲の窓や扉を開けておくと空気が引っ張られて風が流れるため、周囲が建物に囲まれていても風通しがよくなります。

1-4.侵入経路を減らすことで防犯性が向上する

中庭を設けることで防犯性が向上するというと、意外に思われる方も多いのではないでしょうか?

中庭から採光が取れるため、家の外部(道路など)に対する窓の数や面積を減らすことが可能になります。
これは、コートハウスと呼ばれ、コの字型であっても開放された側を外壁で塞いでしまう様な計画手法をいいます。

こうすることで外部に面する窓を格子付きの小窓や高窓、極端な場合、玄関のみとしてしまえば、空き巣の侵入経路を少なくすることができるでしょう。

ただし、これを実現するには割と大きな中庭を確保しないと逆に窮屈感が際だってしまうので、事前に十分検討することが必要です。

1-5.二世帯住宅に適している

二世帯住宅やすぐ隣に親世帯が住んでいる場合、中庭があることでそれぞれの世帯の暮らしを適度に分離しつつも、世帯間のつながり(気配)は何となく保つ様な工夫が可能となります。

うまくすれば、もし何か問題が生じた場合も声を掛けたり、駆けつけたりすることができるなど、有事の際の対応にも役立ちます。

また、中庭を孫と祖父母の交流の場、および世帯間の架け橋になる様な場として設計することで、いつでも気軽に足を運べるなど子育てなどの面でもメリットを持たせることもできます。

メリットまとめ

  • 外部からの視線が気にならない
  • 自然光を確保しやすい
  • 風通しのよい家づくりができる
  • 侵入経路を減らすことで防犯性が向上する
  • 二世帯住宅に適している

2.中庭のデメリット

次に中庭のデメリットについて見ていきましょう。

2-1.建築費用が高くなる

中庭のある住宅の形は中庭を中心とするため必然的に「コ」か「ロ」の字の形となり、同じ床面積の住宅と比べて外壁や屋根の面積が増加してしまいその分建築費用が高くついてしまいます。

また、中庭からの光や風を大きく取り入れるには窓の数も多く必要となるため、同じ床面積の住宅と比較しても割高になるなど、費用面においては大きなデメリットとなります。

2-2.断熱性能が低下する

外壁・屋根の面積や窓の数が増えるということは、建物が外気と接する面積が増えるということでもあり、夏は暑く冬は寒いなど、外気の影響を受けやすくなります。

そのため、快適性を損なわないためには高い断熱性能が求められる。
もちろん、高い断熱性能を求めると費用も高くなるため、ここでもコストの問題は出てくるでしょう。

2-3.構造安定性が欠ける

通常の正方形や長方形の住まいとは異なり、中庭のある住宅は「コ」か「ロ」の字の形をしているため住まいの重心などに偏りが生じやすく、間取りの安定性は欠けがちになり耐震性に不安が生じます。

ご想像いただけるかと思いますが、中庭に面する窓を多く使うなど開放的であるほどその傾向は顕著となります。

そうすると、そういった部分を補う為の補強対策などの配慮が必要となります。

2―4.建物の形によっては動線が長くなる

中庭がある住宅の場合、中庭に動線を分断されやすくグルっと通路を歩かなくてはならないので家事動線が長くなりやすくなります。

そのため、中庭のレイアウトだけ考えるのではなく、家族が生活しやすい間取りにすることも必要です。

動線を短くするために、中庭にデッキを設けたり、室内と同じ高さでタイル等の床を設けたりすることで室内と同じような感覚で移動することもできるので検討してみるのもよいでしょう。

2-5.水はけが悪い

特にロの字型の場合、建物に囲まれた中庭は基礎にも囲まれる事となるため、設計段階で排水経路を考慮しておかないと中庭がプール状態になる可能性があります。

特に近年では集中豪雨なども多くみられることもあり、排水経路の確保は非常に重要です。

また、排水が十分に行われない場合、湿気が中庭に溜まってしまうため、日頃から排水口に落ち葉や泥が溜まらないよう掃除をしておくことも必要である手間がかかるという側面もあります。

デメリットまとめ

  • 建築費用が高い
  • 断熱性能が低下する
  • 構造安定性が欠ける
  • 建物の形によっては動線が長くなる
  • 水はけが悪い

3.まとめ

様々なメリット・デメリットがありますが、都心の密集地など周囲を建物に囲われた場所や、小さいお子さんがいる家庭や親世帯との同居を検討している家庭では、中庭のある家を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、一般的な2階建て住宅に比べれば建築コストが高くなるということを知っておく必要があります。

費用以外でも、構造安定性や機能性、メンテナンス性などなど、長く生活する上で関わってくる要素も十分に頭に入れておかなかなければなりません。

そのため、設計だけではなく施工業者選びも大切です。

中庭を検討する際は、できる限り経験豊富な設計士や建築会社に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。