なぜ安い?安い注文住宅を検討するときに知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットや広告で、いわゆる「ローコスト住宅」という安い価格で注文住宅が売られているものを目にすることがあるかと思います。

しかし、注文住宅は発注者の好みのデザインや仕様にする「オーダーメイドの住宅」になるため、本来であれば安くするには限界があります。
では、なぜ広告などではそれほど安い注文住宅が売られているんでしょうか?

ここでは注文住宅を安く購入しようと考えている人に向け、知っておくべき現実と注意点について説明します。

1. なぜ安く注文住宅を建てることが出来るのか

注文住宅とは、その文字が現す通り、住宅を建築する際に、様々な注文をして、発注者の好みのデザインや仕様にして建ててもらう、いわば「オーダーメイドの住宅」のことを言います。

反対の意味の言葉に「建て売り住宅」。似ている意味の言葉に「標準仕様住宅」というものがあります。

まずは、この3種類の違いを把握したうえで、なぜ注文住宅を安くすることが可能なのかを考えてみましょう。

・注文住宅

注文住宅は、購入者は計画段階から設計に関して様々な注文を行い、ライフスタイルに合わせて自由に間取りや設備を考えることができる住宅です。

もちろん建築に関する法律がありますので、100%自由に建てられるというわけではありませんが、完全なオーダーメイドなので、かなり自由度は高いです。
その代わり、建て売り住宅や標使用の家に比べて、最も価格が高いのがこの注文住宅です。

・建て売り住宅

土地と建物がセットで販売されている住宅で最も一般的な住宅のことです。

建物は、すでに完成している場合と、建築中の場合がありますが、設計図はできており、基本的に建築中であったとしても、購入者はその設計に口を出すことはできません。

間取りも価格も設備も完全に決まっているので、逆に言えば購入後の生活はイメージがしやすいとう特徴があります。そして、価格は注文住宅や標準仕様の住宅に比べて最も安いです。

・標準仕様住宅

注文住宅の中でもかなり特殊なのが、この標準仕様住宅です。

簡単に言えば、「内装や外装の使用が制限された注文住宅」のようなものだと考えて頂くのが最も分かりやすいと思います。制限の内容は各メーカーによって若干の違いはありますが、「標準仕様」と呼ばれるいくつかの種類の中から素材や設備を選ぶということになります。

例えば、ドアの種類を選ぶ際にも、標準仕様住宅であれば「標準仕様」という枠の中からドアの種類を選ばなければいけませんが、通常の注文住宅であれば、その制限なく、好きなドアを選ぶことが可能です。
建て売り住宅よりは高いですが、注文住宅よりは安いという価格帯になります。

以上のことから、同じ規模の家を建てたとしても、注文住宅は、標準仕様住宅や建て売り住宅に比べればかなり費用は高くなるということがお分かり頂けると思います。

しかし、それでも業者の中には、「注文住宅を安く建てることができます」と広告しているところもあります。

では、一体どのような方法でその安さを実現しているのでしょうか。

注文住宅・建て売り住宅・標準仕様住宅の違いが分かれば、それらより安く販売することは難しいように思います。

定価の価格が決まっている建材を使用する場合などは、「流通コストを削減して他社より何割安く提供出来ます」や「合理的な作業による手間コストの削減」などの理由になっています。その理由は確かにもっともではあるのですが、それは「高価な注文住宅より多少安く出来る」という程度であって、基本的にはやはり標準仕様住宅より安いわけではないのです。

また、安く提供できる商品を多く使用するということは、規格商品が多くなって標準仕様に近いものになり、本当の意味での「注文住宅をつくる」というより「建材商品を注文してつくる」というような建て方になってしまうということに注意しなければいけません。

つまり、同じ「注文住宅」というジャンルの中に入る住宅でも、価格が安くなるにつれて、標準仕様住宅に近づいていくということです。

「注文住宅を安く建てる」ということは、「本物の材料を使って、手づくりで建てる」本物の注文住宅から、安くした金額分遠ざかるということです。しかし、逆に言えば、注文住宅でもそのような方法を使うからこそある程度安い金額で住宅を建てることが可能なのです。

2.業者選びについて

注文住宅を扱う業者は、工務店からハウスメーカー、設計事務所など非常にたくさんあるので、業者を選ぶ際には、どのような基準で選べばいいのか分からず迷ってしまうことも多いと思います。
基本的には3種類のパターンがあります。

1.設計も施工も工務店がおこなう
2.設計も施工もハウスメーカーがおこなう
3.設計は設計事務所が、施工は工務店がおこなう

そこで、注文住宅の業者選びについて、比較を交えつつ解説していきます。

2−1.工務店かハウスメーカーか

施工会社を工務店にするか、ハウスメーカーにするかが、大きな価格を決めるひとつの問題になると思います。
ハウスメーカーにするか工務店にするかを決めるためには両者を比較することです。
ここでは価格、技術、工期の3点について見ていきましょう。

価格について

大手ハウスメーカーは、広告や、営業マンの人件費など、工務店に比べてコストが非常に高くついています。そのため、ハウスメーカーの方が工務店に比べて価格は高くなります。
単純に価格で比較するなら、大手ハウスメーカーの方がかなり高くなります。
地元で信頼できる評判の良い工務店があれば、そちらに依頼する方が価格は安くなるでしょう。

技術力について

大手のハウスメーカーは、自社で独自の大工さんや職人さんを抱えているというわけではありません。現場での建築作業は、すべて地元の工務店に依頼して行っています。
つまり、ハウスメーカーに依頼しようが、工務店に依頼しようが、結局施工するのは工務店の職人なのです。
そのため、技術力に差が生れるということはありません。

工期について

工期はハウスメーカーの方が圧倒的に短いです。
工務店では一般的に3ヶ月から半年ぐらいですが、ハウスメーカーは完成まで3ヶ月以内ということもあります。
これは、大量生産してマニュアルに通りに建築するという進めかたが理由です。
仮住まいの費用が高くついてしまう場合や、何らかの理由で完成を急がなければならない場合などは、ハウスメーカーに依頼すると良いでしょう。

2−2.設計事務所に依頼するべきかどうか

設計事務所に依頼すると、金額面では数百万円規模でアップします。そのため、予算にあまり余裕がないという場合は使用しない方がいいでしょう。

しかし、その金銭面の都合がつくのであれば、設計事務所に依頼を出せば、注文住宅の設計はかなり自由度が高くなります。

工務店やハウスメーカーの場合、施工までを行うため、どうしても施工者側の都合を設計の中に入れてしまうのですが、設計事務所にはそれがないため、実際の施工の問題は置いておいても、「住む人の理想にどれだけ近づけるか」を追求してくれます。

要は、「建てて売って終わり」ではなく「売った後の生活」を最も重視して設計してくれるのです。もちろん、建築家はデザインを重視しますので、デザイン性の高い設計になることも間違いないでしょう。

ある程度自分の中に「こんなデザインで、あそこにはこういう材料を使って、こんな雰囲気にしたい」というような具体的なイメージがある場合や、注文したい住宅の特徴が決まっている場合などは、その要望に照らし合わせて業者選びもしやすいと思いますが、あまり具体的なイメージが固まってない方は、家族でよく話し合い、好みや使い勝手など優先事項を整理しておいてから、タイプに合った業者に相談するようにしましょう。

3.まとめ

金額について、「安い」というのは何が安いのか、何と比べて安いのか、確認しなければいけません。比較対象によっては「高いものよりは安いけど、安いものよりは高い」といった“実は安くない”ケースがあります。

例えるとしたら、「レクサスであればベンツより安いですよ」といわれても、「カローラよりは高いよね」という感じでしょうか。

また、安いというのであれば、その理由は確認したいところです。「もともと注文住宅は高いもの」という認識があった上で、安くなる理由に納得して注文するのなら、それは騙されているわけではありませんが、理由も分からずに、ただ「安いから」と決めてしまうと、後々のトラブルの原因にもなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る