地盤調査にかかる費用と費用を抑えるための土地の選び方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マイホームを考える際、始めにどのようなことを検討するでしょうか?

家のデザインや間取り、家具やインテリアなど、目に見える部分の事柄が多いかもしれません。また、地震対策などの観点から、建物の基礎構造に着目する方も増えていることでしょう。

では、建物を支える地盤については、いかがでしょうか?

以前、横浜のマンションが地盤沈下により傾いたというニュースが世間を騒がせました。
鉄筋コンクリートのどんなに強固な構造の建物でも、地盤が悪いと傾き、ひどい場合には倒壊してしまうという典型的なケースです。

一般の住宅においても、こうした建物の傾きの他、弱い地盤の上に建てることで健康被害や余計な出費、売却時の問題など起こりうるトラブルは深刻なものです。

今回は、こうしたことを防ぐために必要な地盤調査にかかる費用と、そもそも地盤調査をしなくてもいいような土地の選び方について解説します。

地盤調査にかかる費用概算について

地盤調査と、地盤に問題があった場合にかかる概算費用は、マイホームの敷地として最も一般的とされる30坪前後の土地で50〜200万円と言われています。

相場金額にかなり開きがありますが、これは選んだ土地の状況や以下で紹介する調査の種類次第と言えます。

本来は土地の購入契約の前に地盤調査の結果が得られるのが一番ですが、一般的には購入後にしか地盤調査はできません。
売主である地主の立場からすると、調査結果を理由に土地の売却がキャンセルになることは避けたいからです。

ハウスメーカーに土地探しから依頼する場合には、営業担当に地盤の事前調査を交渉してもらうのも良いでしょう。

地盤調査の種類ごとの費用相場

ここでは地盤調査の種類ごとにかかる費用相場についてみていきます。

スウェーデン式サウンディング試験(SWS)

こちらは一般的な住宅において最もよく用いられる方法です。費用としては約10万円程度となります。

小さなスペースで調査でき、試験機の設置や操作も簡単であることから、マイホームの地盤調査として最も多く用いられる方法です。ドリルのようなスクリュー状の先端を持つ鉄の棒を地中に回転させながら入れていき、その貫入具合で地盤の固さや地層を判定します。

この調査方法のメリットは、他の方法に比べ費用が安価であることです。

ただし計算式に当てはめてデータを推定する方法であることから、周辺の地質データや地形図と併せて調査を行い、正確さを確保することが求められます。

表面波探査法(レイリー波探査法)

地震を想定した人工的な振動を専用機で地面に与え、その振動の伝達度で地盤の良し悪しを判断する方法です。費用としては約15万円程度となります

いくつかの周波数で調査することで、石や異物、そして調査員の技量の違いといった影響を受けずに全体の地盤状態が把握できるというメリットがあります。

ただし振動は地中の深部には伝わりにくいため、表層部の地層診断に限られます。

ボーリング調査

最も正確に土地の地盤調査ができる方法と言われています。費用としては約30万円程度かかります。

土地の任意の箇所を深く掘り、地中の土を採取して地盤の強さを判断します。
一般的に、ボーリング調査は複数箇所この作業を行うため、広い土地でも全体の地盤の状況が正確に把握できるというメリットがあります。

ただし調査には広いスペースが必要であることと費用も高額であるため、集合住宅や公共施設などの大規模建築物での地盤調査に用いられることが一般的です。

費用を抑えるために地盤の良い土地を選ぶ方法

地盤改良工事が必要になることは、なるべくなら避けたいところですよね。
地盤の良い土地を選ぶポイントを確認し、余分な出費を防ぎましょう。

近隣に新築住宅が多い土地を選ぶ

特に大手ハウスメーカーによる分譲地は、当然ながら体系立てて地盤対策をされていることが一般的で、かつ近隣の地盤の強度データも取得しています。

購入予定の土地を販売しているハウスメーカーに問い合わせるか、既に分譲地を取得した近隣の方と情報交換をしてみても良いかもしれません。

土地購入より先にハウスメーカーを決める

前項目と関連しますが、先にマイホームを建てるハウスメーカーを決めてから、そのハウスメーカーにその後土地探しを依頼するのもひとつの手です。

地盤について専門家の意見が仰げるだけでなく、企業として責任を持って地盤の強い土地を探してくれるという点にメリットがあるからです。

また、新築住宅の設計ができていれば、その間取りや配置に必要な部分のみの地盤調査で済むため費用も抑えることができるでしょう。

土地の歴史から判断する

最もポピュラーな判断方法は、地名から軟弱な地盤の土地を回避する方法です。

大抵の地名は、昔の土地の状況を反映させていると言われます。
例えば「田」や「川」のつく地名であれば、以前その土地は田んぼや川、つまり地盤が緩い土地であった可能性が高いということになります。

また、国土地理院の「国土変遷アーカイブ」というものを利用して、昔の航空写真から判断することもできます。ネット上で閲覧できるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

なお同じ「歴史」という観点からみると、神社仏閣の近隣も強い地盤を持つ傾向にあります。
これらは昔の人が自然災害の影響を受けにくい土地に建てているからです。

標高の高い土地を選ぶ

基本的に土地の性質は、標高が高いと強く、低いところが弱いという傾向にあります。

特に日本の地理では、海抜は地盤の強さに比例するとも言われているほどです。
低いところは河川や海につながっており、おのずと地盤も緩くなるか傾向にあります。

生活の利便性とのバランスも考慮しながら、参考にしてみることをおすすめいたします。

土地の選び方については実際に足を運ぼう!あなたに合った土地の探し方の記事でも詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

地盤調査業者の選び方

以上をふまえ、安心して地盤調査を依頼できる業者の選び方についても紹介しておきます。

実績のある業者を選ぶ

当然とも言えますが、地盤調査の実績が多ければ、それだけ業者にノウハウも貯まっておりデータも豊富にあることを意味します。

特に調査地の近隣での実績が多い業者であれば、その土地の地盤のデータも豊富であり、 調査の品質も高いことが推察できます。

地盤調査が正しく実施されているか業者を選ぶ

「地盤調査」とは、以下の3つの調査データを揃えていることが基本となります。
全てを正しく調査してくれる業者であるかも、事前に確認しておきましょう。

【資料調査】近隣の地質データや過去〜現在の地形図から判断した地盤データ
【現地踏査】土地とその周辺を実際に歩き、危険がないか確認したデータ
【原位置試験】専用の試験機で地盤の地質を直接試験し取得したデータ

有事の対応体制を確認する

万が一地盤沈下などの被害が生じた場合の対応も、事前に確認しておくと良いでしょう。

保証内容はもちろん、自社で対応してくれるかどうかもチェックポイントです。
他社に外注している場合、責任の所在がうやむやになるというリスクも考えられます。

また、「地盤保証」を取り入れているハウスメーカーもありますので、そういったメーカーへの依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

地盤調査にかかる費用、そして費用をかけないための土地の選び方や業者の選び方について解説しました。

建物、そして快適な生活の根本となる敷地の地盤。
適切な方法で良い土地を見つけ、安心してマイホーム計画を進めたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る