外壁材タイルの特徴(メリット・デメリット)と費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外壁材の中でも、その見た目に高級感があり、特徴的なものにタイルがあります。

タイルというと、お風呂やトイレの床材というイメージがあるかもしれませんが、むしろその使われ方は現在少なくなってきており、新築家屋の外壁材としての使用方法に注目が集まっています。

タイルの外壁は重厚で高級感のある見た目であるため、外観にこだわる方には人気がありますし、そのメンテナンス性の高さも選ばれる理由のひとつになっています。

今回はそんなタイルの外壁材について、メリットやデメリット、そして気になる費用などについて解説させていただきます。

1 外壁タイルの特徴(メリットとデメリットについて)

タイルは、全般的に耐水性、耐火性、耐久性に優れた素材です。

中でも、天然石や素焼きのもの以外の釉薬(ゆうやく、うわぐすり)がかかったものは、加熱処理によって強力なガラス質被膜が形成されます。これによって吸水性・吸湿性が抑えられ、変形や割れやカビ・コケが生じにくくなるため、非常に耐久性が高いのが特徴です。

さらに最近では抗菌・防汚加工されている外壁用タイルも多く販売されており、雨水によって汚れを洗い流すなどの特殊効果が施されているため、メンテナス性に大変優れています。

このメンテナンス性の部分に関して言えば、その他にも数ある外壁材と比較しても、タイルは特に高いといえるでしょう。

また、タイルの持つ自然な美しさは、建物の外観に高級感を生みだし、総タイル張りの外壁は、見る人を圧倒します。そのため、家づくりにこだわりを持つ方に特に人気があります。

デメリットは、まず価格が高価であることが挙げられます。

タイルは重量のある素材であり、製造や運搬にコストがかかりますし、基本的に1枚1枚高さや間隔を揃えて張り上げるため、設置に大変な手間がかかるという事も価格が高価になる要因です。

また、タイルは比較的重量の大きな部類に入ります。このため特に柔軟性のある木造住宅においては揺れの影響で目地割れ(タイルとタイルの間の継ぎ目の割れ)や剥離が生じ易く、高い施工精度を必要とすることもデメリットといえます。

このほかにも、熱伝導率と熱容量が高いため、夏場は暑さを、冬場は寒さをもたらしやすいという難点もあります。
さらに、現場でカットなどの加工を行うことができないため、タイル職人の技術力により仕上げの差が出やすいこともあります。

2 費用について

2-1 イニシャルコストは他の素材よりも高額になる

まずは最初に費用としてかかる「イニシャルコスト」を見ていきましょう。

現在、主に外壁に使用されている素材は、「サイディング」と呼ばれる、セメントと繊維質を混ぜて板状に加工したものです。また、昔ながらの外壁の仕上げには、漆喰や土壁、セメント、モルタルなどの「左官仕上げ」も利用されます。

これら素材とタイルの外壁をイニシャルコストで比較すると、タイルの方が大幅に高額になります。

以下一般的な価格です。

・タイル→1m²あたり10000~20000円程度
・サイディング→1m²あたり4000~8000円程度
・左官→1m²あたり5000~10000円程度

それぞれ素材や下地により価格は変動しますが、こうして比較すると、タイルはその他の仕上げより2倍程度コストが割高になっています。タイル1枚あたりの大きさによって施工に必要な手間が変わり、小さく軽量な方が割安です。

また、建物の大きさにもよりますが、初期費用としてはサイディングより100~200万円は高額になるでしょう。

2-2 ランニングコストはほぼかからない

よく「タイルはメンテナンスフリーである」という話を聞きます。確かにそれは間違いではなく、他の素材に比べると非常に長持ちすると言えます。特にタイルそのものは、施釉タイプ(釉薬が塗られた、表面がガラスの皮膜で覆われているタイプのタイル)であれば、ほぼノーメンテナンスと考えいただいて良いでしょう。

しかし、タイルの外壁に全くメンテナンスが必要ないのかというと、そうではありません。

ポイントは目地です。

タイルの張り上げの際には、基本的に硬質なセメント目地材が使用されます。すると、地震の揺れや、木造建築の経年変化などによって、クラック(ヒビ)が入ることがあります。

タイルの目地のヒビは、1箇所生まれるとどんどん目地に沿って広がっていき、悪化するとタイルの剥離につながります。

必ずしも定期的な修繕をする必要はありませんが、せめて定期的な点検はしっかりと行うようにしましょう。その点検で目地に異変が見られた場合は、悪化しないうちに修繕すると良いでしょう。

3 まとめ

タイルはその質感に独特の高級感があるため、あこがれを抱く方が多い素材です。

重く、設置に手間がかかることからイニシャルコストが高くなってしまうのは難点ですが、適切な施工と定期的な点検を行えば、長期的な耐久性を持つ外装材と言えます。

もし長期間使用する予定の家を建てる際は、「イニシャルコストが高くても、ランニングコストが安いから、バランスで考えると安い」と思える場合もあると思います。

単純に「見た目が美しく、デザイン的にタイルを使用したい」という場合もあるでしょう。そんな時、経済的にイニシャルコストに耐えられるのであれば、タイルはおすすめの外壁材です。

もちろん、信頼のおける施工店にお願いしなければいけないことは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る

SNSでもご購読できます。