プロが教える注文住宅でこだわりたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

注文住宅は普通の住宅とは違い建主のこだわりを出すことができるオーダーメイド住宅です。

「ああしたい」という希望があるからこそ注文住宅を建てるはずなので、こだわりということはとても重要なポイントなのです。

完全なオーダーメイドの注文住宅は、建物が出来ているものを買う建て売りとは異なり、始めから業者と相談しながら建てていきます。
建てるという点を見ても、仕様が決まっている中から選んで建てるのではなく、施主の様々な希望を取り入れて建てるのが注文住宅なのです。

住宅に関する考え方は人それぞれで、部屋数や広さなどある程度の条件が満たされていて金額的に折り合えればいいと考える人から、間取りからデザインや使い勝手・性能などいろいろなことにこだわって建てたいと考える人まで様々です。

しかし、注文住宅を建てたいと考えている人はぜひ「こだわり」を持って建てていただきたいと考えております。

とはいえ、こだわると言っても何にこだわればいいか分からない方も多いかと思います。

そのような方のために、この記事では注文住宅を建てるときに「どのようなポイントをこだわるべきか」についてお伝えしますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1.注文住宅を建てるときにこだわりたい3つのポイント

注文住宅を建てるときに、こだわるべきポイントは、大きく分けると主に下記の3種類になります。

A.間取り・動線・使い勝手などの「家のプラン」
B.デザイン・材料・素材などの「家の雰囲気」
C.耐震・省エネ・断熱・快適設備などの「家の性能」

それではそれぞれについて以下で詳細を見ていきましょう。

1−1.家のプラン

plan「家のプラン」でこだわりたいのは、まず「収納の位置」です。

意外と思われたかもしれませんが、収納の位置をこだわることがとても重要なポイントなのです。

私たちが普段生活をする上で収納スペースは暮らしやすさにとても影響します。

実際、SUUMOによると注文住宅を建てるときに「収納のつくりで失敗」したという人が最も多くなっています

先輩136人の「しまった!」ランキング

1位:収納のつくりで失敗 98人
2位:部屋の広さで失敗 72人
3位:音の伝わりで失敗 68人
4位:配線計画で失敗 63人
5位:視線で失敗 47人

SUUMO「先輩136人の「しまった!ランキング」でわかった、失敗しない間取りのつくり方

十分な収納量がなかった、収納が使いづらいといったことは実際に使い始めたら気づくものです。
そうならないよう、事前にきちんと計画しておくことが大切です。

また、「使い勝手」も重要なポイントです。

家事動線やドア・引き戸の種類、バリアフリーの考え方など、将来車いすが使えるような間取りかどうかチェックすると良いでしょう。

こうした間取りについての考え方については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

都市部に家を建てるなら知っておきたい30坪・2階建の間取りの考え方について
平屋・30坪の家を建てる方に伝えたい間取りの考え方

1−2.家の雰囲気

kodawari1施主のこだわりを出せる注文住宅ですから、デザイン・材料・素材といった「家の雰囲気」にもこだわりたいところです。

注文する会社によって設計デザイン力が違うので、設計事例や施工事例など良く確認し、あなたのイメージに合うところを見つけるようにしたいですね。

デザインも和風デザインやアンティークなデザイン、吹き抜けデザインなどいろいろな設計が可能ですので、どのようにしたいかを伝えてください。

また、見た目だけでなく材料や素材についてこだわることも大切です。

例えば、木を無垢材にすることで、家に「暖かみ」をもたらします。
木が本来の持つ暖かみや優しい肌触りを感じることができるのでとても気持ちのいい空間にすることができるのです。

また、木の種類の違いや漆喰・珪藻土などの自然素材の塗り壁などを使うことで素材が醸し出す雰囲気を味わうことができます。

このように、ただ見た目がいいから満足、というのではなく長年自分がその家に住む上で「本当に心地よく住めるか」という部分も考えることが重要なポイントなのです。

1−3.家の性能

ecoそして最後のこだわりポイントは耐震・断熱・省エネ・快適設備などの「家の性能」です。

特に耐震性能と断熱・省エネ性能はこだわりたいところです。

最近では地震が多く発生していることから特に木造住宅の耐震性について心配されている方も多いかと思います。

新しく建築するものは耐震基準をクリアしているため、木造であってもある程度の地震に耐えることはできますが、やはりしっかりと補強をしておくに越したことはないでしょう。

また、快適に過ごすためにも断熱や省エネも意識したいところです。

「省エネ住宅」や「エコ住宅」という言葉も流行っていますが、これは家を断熱することによって冷暖房の使用を減らすことができる高断熱・高機密な住宅をいいます。

例えば、夏の暑さや冬の寒さをしのぐためには断熱を施すことが効果的です。
壁や床、天井などに断熱材を入れたりすることで熱の出入りを少なくすることができるので、冷暖房の熱を逃がさず電気代の節約につながります。

こうした耐震性や省エネを意識した住宅を建てる場合、自治体から補助金が出ることがありますので、ぜひそうした制度も活用することをおすすめします。

その他、キッチン・お風呂などの水回りの充実といった快適設備や、庭の緑やウッドデッキなど外の環境とのつながりによる快適性をつくることも可能です。

特にキッチンは料理をする方にとっては使いやすさがポイントなので、いろいろとこだわる方が多いですね。

2.まとめ

住宅はほとんどの人が数十年は住み続ける事になる高額の買い物です。
そのため、後で多少は改修などして直せる事があるにしても、なるべくは始めから希望する「こだわり」を注文するようにした方がよいでしょう。

ただし、こだわりだすといくらでもお金がかかってしまうので、「こだわり」の優先順位を整理して予算との兼ね合いから決めていくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る