新築時に行っておきたい効果的な木造住宅の防音対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

木造住宅は騒音が気になるのではと心配されている方もいるのではないでしょうか。

確かに、木造住宅は鉄筋コンクリート造などに比べて使用する材料が軽いため遮音性能が低く、音を通しやすいという特徴があります。

しかし、最近の木造住宅は機密性が高く窓を閉めればそれほど気にはならなくなるのでそれほど神経質になる必要はありません。

木造住宅の防音対策については、近隣がうるさい、楽器を演奏したりするなど特に大きな音を発生する場合に検討してみるとよいでしょう。

この記事では、新築時に防音対策としてどのようなことをすれば効果的かについてご説明していきますので、参考にしてみてください。

1.木造住宅における騒音の感じ方について

防音対策をするにあたり、まずは日常生活において発生する騒音について、どのように感じるか見ていきましょう。

私たちが日常生活で感じる騒音には、主なものに自動車や航空機などから出る大きな音や、隣近所から出る楽器の音や室外機の音などがあります。

音源と騒音の関係について以下の表をご覧ください。
※db(デシベル)とは音の大きさを表す単位で、数字が大きいほど音が大きくなります。

家庭用設備 エアコン 約41~59db
温風ヒーター 約44~56db
換気扇 約42~58db
風呂又は給排水音 約57~75db
家庭用機器 洗濯機 約64~72db
掃除機 約60~76db
目覚まし時計 約64~75db
電話のベル音 約64~70db
音響機器 ピアノ 約80~90db
エレクトーン 約77~86db
ステレオ 約70~86db
テレビ 約57~72db
その他 犬の鳴き声 約90~100db
子供のかけ足 約50~66db
ふとんをたたく音 約65~70db
車のアイドリング 約63~75db
人の話し声(日常) 約50~61db
人の話し声(大声) 約88~99db

※出展:東京都環境局ホームページ

数字だけみてもピンとこないかもしれませんが、環境省の環境基準によると、住宅地の場合、昼間であれば55db以下、夜間は45db以下とすることとされています。

騒音の感じ方は人によって様々あり、小さな音だからといって問題がないというわけではありません

大きな音でも短時間なら我慢できたり、逆に小さな音でも長時間に及ぶととても我慢できないということもあるでしょう。
また、昼には気づかなかったけれど、夜になると気になって仕方がないということもあります。

このように私たちが感じる騒音は「人によって」や「時間によって」感じ方が違ってくるので、外部からの防音対策だけでなく、家から騒音を出さないということも重要だということを知っておきましょう。

●木造住宅は騒音が気になる?

木造住宅の場合、騒音が鉄骨や鉄筋コンクリートに比べて気になってしまうのではないか?と心配されている方も多いかと思います。

当然、鉄筋コンクリート造などのほうが使う材料が重いため遮音性も高くなりますが、近年では木造住宅でも気密性が高い住宅が増えているので、窓を閉めればある程度騒音はカットできます。さらに、窓を二重にすることにより騒音ほとんど気にならなくなります。

木造住宅の場合、新築時にどのような防音対策を行えばよいか、以下でご説明していきます。

2.新築時に検討したい防音対策

上記のような騒音について対策をするにはどのような工事をすればよいのでしょうか。

闇雲に防音対策をするのは賢明ではありません。必要な場所を防音対策をすることで効果的な対策を行うことができます。

家の中から出る音を外に漏れないようにするには、
1.床・壁・天井
2.窓
3.出入口
を「必要に応じて」遮音や吸音などの防音対策をする必要があります。

家全体を防音仕様にするのは高価になってしまうため現実的ではありません。

オーディオルームやピアノ等の楽器を練習する部屋など、騒音が発生する一部屋だけを防音仕様にすることでコストを抑えることができます。

2−1.床・壁・天井の防音対策

ceiling床や壁、天井は外部からの騒音だけでなく、家の内部の騒音を防ぐにも有効です。

ピアノなどの楽器の練習をするような家ではしっかりと防音対策をしないと周囲に対して迷惑がかかってしまいます。

これから家を建てる際には上下階の防音対策にも意識をしたいところ。
特にお子さんがいる家庭や二世帯住宅では上下階の防音対策はしっかりと行いましょう。

室内の防音対策をするのであれば、床・壁・天井を防音構造とすることが効果的です。

床・壁・天井については二重構造にすることで相当の防音効果が期待できます。
二重構造とは部屋の中にもう一回り床・壁・天井を作るようなイメージです。

木造住宅はコンクリートに比べて音が伝わりやすいため、2階床下地の防音工事と1階天井の吸音工事などを施すことで、直接的な音の伝わりは軽減することができます。

具体的には、下地のボードを遮音タイプのものとし、更に吸音材を入れ、仕上げ材には布製クロスや凸凹した仕上げ材などで仕上げるることで十分な防音対策を行います。

隙間無くキチンと施工することで、90db以上の音を50db以下とすることができます

なお、室内の防音工事を施すと外に漏れなくなるため、音が共鳴したりしないような吸音仕上げや変形装置(コーナーなどの水平・垂直面の緩和対策)などの音響対策をしないと室内の音が不快な音になってしまうので要注意です。

費用としては、8帖前後の広さでは400万円~450万円くらいかかると思っておくとよいでしょう。

2−2.窓の防音対策

window外部への防音対策として窓の大きさと位置も考慮しましょう。

一般的な外壁は200ミリ(20センチ)ほどありますが、窓はたったの5ミリほどしかありません。
このように、窓は壁よりもはるかに薄いことから、騒音は壁よりも窓からのほうが入ってきます(漏れます)。

そのため、防音対策としては窓の対策を行うことはぜひ検討しましょう。

窓の防音対策は、
・窓の大きさ
・窓の位置
・二重窓・二重サッシの検討
の3点を意識するとよいでしょう。

まず、窓の大きさですが、大きいほうが音が入ってきやすいということはイメージできるかと思います。
そのため、防音対策という点で考えると小さい方が防音効果があります

ただし、窓を小さくすると採光が減るため、大きい場合に比べてやや暗くなってしまいます。

どちらを優先するかは近隣の環境を考慮して決めるようにしましょう。

次に窓の位置ですが、窓の位置はなるべく隣家の窓から離す工夫が必要です。
なぜなら、空気を伝わる音は距離が離れるほど低くため、窓同士が離れているほど音が伝わりにくくなるからです。

位置についてまではなかなか考えない方も多いかと思いますが、防音対策としては重要なポイントですので、抑えておきましょう。

そして最後は二重窓や二重サッシの検討です。

二重窓や二重サッシを設置することで、機密性が向上し、空気が出入りするすき間が少なくなること外から入る音を低減することができます

サッシとサッシの間を離して空間を多く取るようにすると、より効果があります。

2−3.出入口の防音対策

気になる方は出入口の防音対策もしておくとよいでしょう。

出入口からの騒音は廊下から出る音だけなので外部にはそれほど音は漏れません。
そのため、二重ドアにするほどではないですが、防音ドアを採用すると安心です。

3.まとめ

一般的な一戸建ての木造住宅は、標準的な造りでも通常の生活における騒音はそれほど気にならないようになっています。
ただし、断熱や気密の仕様によっては防音効果に多少差が出るので、確認しておくとよいでしょう。

防音対策の工事を検討する場合、外の大きな騒音や音楽・楽器の音、上下階の音など特に気になる部分(部屋)についてのみ対策を行うことでコストを抑えることができます。

他にも、壁などの仕上げ材の種類でも違いが出てきます。
モルタルや漆喰などの左官材料のものは遮音効果が高いため、騒音が気になる方はこうした仕上げも併せて検討するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。