自然素材の家の特徴やメリット・デメリットについて解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近、建売でなく注文住宅にしたのは「自然素材の家を作りたかったから」という理由を挙げる方がとても増えています。

では「自然素材の家」とはどんなイメージでしょうか。

また、自然素材の家ならではのメリットやデメリットもあることを知っておく必要があります。

今回は自然素材の家についてわかりやすく解説します。

自然素材の家とは?

自然素材の家というと、「ログハウスのように木だけで作った家」「伝統技法で作られた旧家」という方から「なんとなく健康に気を使ってある家」という方まで、人によって持つイメージは様々だと思います。

しかし、自然素材の家に関しては、厳密な定義はありません。

一般的には、内装などの仕上げ素材として無垢の木や左官塗り壁、石や和紙など、文字通り「自然の素材」をふんだんに使った家のことを総称しています。

自然素材の家

杉坂建築事務所施工

したがって、たとえ内装の一部にビニールクロスを使っていたとしても、メインが自然素材の仕上げであれば「自然素材の家」と呼ぶことができるでしょう。

自然の素材感が好きという方が増えてきたことはもちろん、自然素材の家を希望する方の目的のひとつとして近年多いのが、「シックハウス症候群」対策です。

最近はニュースにも頻繁に取り上げられるようになりましたが、人口素材の建材に含まれる化学物質が発する有毒ガスに反応し、アレルギーのような症状が発症するのがシックハウス症候群。

これを未然に防ぐ、または既に今の住居で発症しているため対策を練る、といったことを目的としているのです。

このように、「自然素材の家」の定義や目的は実に多岐に渡ります。

つまり、施主である当人と建築家、施工者などの間でそれぞれにイメージするものが違うことがほとんどです。

よって、自然素材の家を建てる際には、各業者とのイメージの擦り合わせを綿密に行いましょう。

自然素材の家のメリット

自然素材の大きなメリットとしてよく挙げられるのが、その抜群の素材感です。

自然素材の家

杉坂建築事務所施工

自然界ならではの色むらやざっくりとやわらかな質感、職人の技によるニュアンスある仕上げ面は、見た目にも触り心地も気持ちが良いものです。

もちろん、機能面でも大きなメリットが挙げられます。

例えば無垢材のフローリングですが、既製品の合板フローリングにありがちな夏場のベタつきや冬場のヒヤリとした冷たさとは無縁で、どの季節にもちょうどよい体感温度と湿度を保ってくれます。

いつも素足で心地よく過ごせることは、日々生活する上でとても大切なポイントですよね。

また、壁については、珪藻土や漆喰といった左官壁が代表的な自然素材です。

タイル等に比べ軽く、躯体に負担がかからないため住宅を長持ちさせることにもつながるでしょう。

また、多孔質で凹凸のあるざっくりとした質感は、湿度も調整してくれる優れもの。

左官の壁は「呼吸する壁」とも言われ、湿度の高い時には水分を吸いこみ、逆に湿度の低い時には内部に溜めておいた水分を微量ずつ放出して室内の乾燥を緩和する性質を持っています。

また、これら左官材には水分だけでなくニオイの吸着効果も。コーティング剤と異なり壁に直接建材として塗るため、半永久的に穏やかな効果が続くのが大きなメリットです。

近年の住宅は、気密性・断熱性が非常に高くなりました。
もちろん性能が上がるのは良いことですが、一方で湿気やニオイが室内にこもりやすいという弱点も持ち合わせています。

また、それをカバーするため法律で義務付けられている24時間換気システムを稼働させた環境では、室内が乾燥ぎみになる傾向にもあります。

調湿効果のある建材を利用することで、最近の住宅の良い機能を保ち欠点をカバーすることにつながるのです。

自然素材の家のデメリット

ぬくもりがある質感と快適な室内環境づくりに適した自然素材ですが、デメリットもいくつか持ち併せています。

例えばキズに対しては、特に無垢材のフローリングは、椅子の脚や掃除機、車輪のついたおもちゃなどに対する耐性は合板材にはかないません。

また、汚れや水にも強くありません。飲み物・食べ物や水、ドロが付けばシミになりやすく、また長時間水がついたまま放置すればそこから素材がもろくなり傷みやすくなってしまいます。

そして、水分を完全にふき取るのは難しいためカビにも注意が必要です。

水分変化により、木材なら反りや割れ、左官材ならポロポロと一部剥がれてくるなどもリスクも持ち併せています。

そして、一番大きなデメリットといえば、実はコスト面。
材料費はもちろん、左官などは熟練の職人による施行が必須ですので、工事費も高くなってしまうという特徴があります。

ですので、もしコストを抑えたいのであれば、優先順位をつけて自然素材を取り入れるかどうかを検討してこることをおすすめします。

メンテナンスについて

自然素材の家というと「メンテナンスが大変」というイメージを持っている人も多いようです。

しかし、実はそれほど大変ではなく、またお手入れの仕方次第で既製の建材よりも美しい状態で長持ちさせることができるのです。

例えばこれまでご紹介した代表的な自然素材のメンテナンス方法は、以下の通りです。

無垢材のフローリング

普段は水拭きをせず、乾拭きを基本のお手入れとします。もしも汚れが気になる場合には、堅く絞った布で水拭きをすると良いでしょう。

万が一キズがついた場合は、市販の紙ヤスリ等で軽く削ってみてください。表面が滑らかになりキズのない平坦な仕上がりが再生できます。

これは、100年以上建物を使うことが当たり前であるヨーロッパの住宅では普通に取り入れられている手法です。

繰り返し削ることできれいな床の状態を長年保ち、財産である家を良い状態に保つという考え方が浸透しています。

ただし、無垢フローリングは無塗装品やワックス仕上げ程度であれば問題ありませんが、塗装ものだとヤスリをかければ落ちてしまいます。
また、耐久性を高める為にウレタンコーティングしているものもあり、同様です。

他にも、左官壁の場合も仕上げの手法によってはサンドペーパーでの対応が難しい事があります。

特に珪藻土や聚楽(土壁)などは独特の凹凸感がありますので、それを撫でてしまうと風合いを損ねてしまいます。

そのため、ヤスリをかける場合は、使用している素材を確認するよう注意が必要です。

左官壁

珪藻土や漆喰に関しても、キズはヤスリで滑らかにすることができます。

手垢のような汚れ程度であれば消しゴムでこすることで対応可能です。拭いても取れないような汚れでも、とても簡単に消すことができます。

ただ、珪藻土や聚楽といった素材においては消しゴムでの対応が難しくなるため、こちらも事前に確認をすることをおすすめします。

まとめ

自然素材の家の特徴やメリット、デメリットについてご紹介しました。
総合して考えると、

・質感が良い
・化学物質による健康被害を気にする方に合っている
・どの季節でも室内環境を穏やかに快適に保つ
・適切なメンテナンスで住宅を長持ちさせられる
・自然素材はコストと手間がかかる。デザインと機能、予算とのバランスをみて選択を

ということが言えるでしょう。

注文住宅を建てるのは一生で一度きり、という方も多いのではないでしょうか。

住宅は毎日快適に過ごせる環境が大切であり、貴重な財産でもあります。
納得のいく素材選びの参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る