メリットばかりじゃない!天窓のデメリットも知って設置を検討しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

屋根に設置されたトップライトとも呼ばれる天窓。

おしゃれな家の雰囲気はさることながら、部屋の中に光を取り入れたり、換気を確保するためなど快適な空間を作り出すためにも取り入れたい天窓ですが、実際に設置を検討したいと思う人も多いはずです。

しかし、天窓には少なからずデメリットも存在しますので、設置してから「こんなはずではなかった…」とならないように事前に知っておく必要があります。

この記事では、天窓を入れることのメリットとデメリットについて詳しく解説します。しっかりと理解して導入を検討してみましょう。

天窓の5つのメリット

天窓をつけた場合のメリットとはどんなものがあるのか、まずは見ていきましょう。

隣を気にせずに窓を開けられる

隣との距離が近い都会の家ですと、壁の窓は隣家と非常に近いことが多いです。

ですので、なかなか開けることができず、カーテンを閉めたままのことが多く光も風も取り込むことができないというケースがあると思います。

そんな場合は天窓であれば、窓は天井についていますので隣家を気にすることなく自然光を取り入れやすいということが挙げられます。

さらに天窓は壁の窓の3倍も光を取り込むことができると言われており、部屋の広範囲に光を取り込むことができます。
普段から薄暗い北側の部屋などに設置すると最適です。

効率的に空気を循環させることができる

無風の日は、壁の窓を数箇所開けても室内の空気がなかなか入れ替わらないことがあります。

天窓であれば、ドラフトや煙突効果と呼ばれる暖かい空気が上昇する性質を活かし、効果的に室内の空気を循環させることで空気の入れ替えを行うことができます。

セキュリティ面が高い

防犯の点からみても安心なのが天窓です。

特に都心部の住宅の場合、通常の窓は開け放しにしておくのは不安になりますよね。

しかし、屋根の上の窓であれば、進入などの可能性が格段に低くなるため開け放しで寝ることもできるのです。

家具の置き場の自由度が高い

どうしても置きたい家具があるのに窓を塞いでしまうため置けないといった場合があると思います。特に部屋が狭く、他にも置くものが多い場合、困りますよね。

しかし、天窓を設置することで、窓の壁を塞ぐことがありませんので家具を置くスペースが確保でき、しっかりと採光を確保できます。

このように限られた室内空間を有効に使えるということも天窓メリットといえるでしょう。

デザイン性が高い

杉坂建築事務所施工

杉坂建築事務所施工


やはり天窓の魅力はそのデザイン性ではないでしょうか。

室内だけでなく、天窓が屋根にある家を外から見てもデザイン的にスタイリッシュでお洒落です。

実際に天窓を設置する方の多くはこのデザイン性の高さに惹かれる方も非常に多くいらっしゃいます。

家の中からは天窓越しに見える青空や白い雲、夜空の月や星のかがやきなど自然の明かりの美しさを感じて癒やされることができるのは、日々の暮らしにも彩りを与えてくれます。

天窓のメリットまとめ

  • 隣を気にせずに窓を開けられる
  • 効率的に空気を循環させることができる
  • セキュリティ面が高い
  • 家具の置き場の自由度が高い
  • デザイン性が高い

このように天窓を設置することで多くのメリットがありますが、次にどのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

天窓の4つのデメリット

天窓を設置した場合、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

夏は暑く感じる

採光が十分に確保できるというのが天窓のメリットですが、逆に取り込みすぎるというデメリットがあります。

特に夏場は日光がかなり差し込みます。
天窓は壁の窓の3倍の光を取り込めるといわれますので家の中にいて日焼けしてしまうくらい暑く感じてしまうこともあります。

天窓用の遮光ブラインドを設置すればある程度暑さは防ぐことはできますが、実際には面倒で開け閉めを行なわずに、開けているか閉めているかのどちらかになってしまう家庭も多いのが実情です。

掃除がしにくい

天窓は、高い位置に設置していることから、どうしても掃除がしにくいので最初はクリアなガラスも時間が経つにつれ雨や花粉、ほこり等の付着汚れでいくらか曇ってしまします。

気にならない人も多いですが、お手入れしようとすると結構大変です。

内側はなんとか脚立などを使って掃除出来たとしても、商品によっては屋根に登らないと外側のお手入れが簡単に行えません。
また吹き抜けの天井に取り付けた場合は内側からの掃除も難しくなるのが難点です。

雨音が気になる

実際に天窓を設置して気になってくるのが雨音です。

天窓の下で仕事や家事などを行う場合、うるさいというほどではありませんが、雨が降り始めたときは天窓に当たる雨音で気づくことが多いです。

特に寝室は静かな環境にすることが望ましいので、設置をご検討の際にはこの点を意識したほうがよいでしょう。

定期的なメンテナンスが必要

天窓は屋根に穴を空けて設置するものです。つまり雨漏りなどのリスクがあるということです。

メーカーでもその問題に注力し屋根との接合部分の防水処理には力を入れて取り組んでおり、窓の廻りの隙間はコーキングやパッキンなどの弾性樹脂などで塞ぐことになります。

しかし、樹脂は年数が経て劣化とともにひび割れが発生し、そこから雨が染みこむようになることは避けられません。

普通の壁の窓でも同じことが言えますが。天窓は屋根の上にあり紫外線の影響を直接受けるためコーキングの劣化は壁窓よりも早いです。

こうしたことから天窓は定期的なメンテナンスが必要となります。

デメリットまとめ

  • 夏は暑く感じる
  • 掃除がしにくい
  • 雨音が気になる
  • 定期的なメンテナンスが必要

まとめ

天窓はスタイリッシュな住まいに設けられることが多く、あこがれる方も多いでしょう。

しかし、常に日射や雨に晒される過酷な場所であるため設置する場所やメンテナンスコストについてはしっかり意識しておく必要があります。

その点をしっかり踏まえておけば明るさや開放感が格段に増して快適性を高めてくれるという良い部分も多分に享受できますので、ぜひ検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る

SNSでもご購読できます。