素材について

無垢材と集成材は何が違う?それぞれの特徴やメリット・デメリットについて

建物に使用される木材は、すべて無垢材と集成・積層材の2種類に大きく分けることができます。 簡単に言えば、無垢材は伐採したそのままの木材です。そして集成・積層材は細かく砕かれた或いは薄くスライスされた木材を接着剤で固めた木材です。 その中で現在構造材から造作材まで幅広く利用されている集成材。一見無垢材のように見える木材も、しっかり見ると実はところどころ木目が違う集成材であることもしばしば。
▼続きを読む

用途は様々!無垢材の種類と特徴について解説

独特の風合いや肌触りの良さから人気がある無垢材。 しかし、無垢材といっても、その使われる無垢材の種類(樹種)にはさまざまなものがあります。 種類が違えば当然それらが持つ特徴が違うので、選ぶものによっては部屋のイメージを大きく変えてしまいます。 今回は素材として無垢材を検討している方に向け、無垢材の種類ごとに特徴を説明していきますので参考の一助になると幸いです。 1 無垢材について
▼続きを読む

漆喰と何が違う?珪藻土の特徴とデメリットについて

壁を珪藻土にしようか、それとも漆喰にしようか迷っている方も多いのではないでしょうか? これらについてはよく比較される素材であり、実際にそうした問い合わせも多くいただいています。 今回は珪藻土について、その特徴とデメリットを漆喰と比べながらご説明します。どちらにしようか悩んでいる方、素材を決めかねている方の参考になれば幸いです。 1 珪藻土とは? 珪藻土(けいそうど)とは、淡水植物プ
▼続きを読む

これだけ読めば分かる!無垢材の基本について徹底解説

「無垢材とはなんだろう?」 家や家具を購入するときに「無垢材」という言葉を聞いて疑問に思われた方もいいのではないでしょうか。 なんとなく、「木の暖かみがあって良さそう」ということは感じるけど、そこまでよく分かってない。そんな方が多いかと思います。 この記事では、そもそも無垢材とは何なのか、どういう良さがあり、逆にどのようなデメリットがあるのか、そしてどのような用途に使われているか
▼続きを読む

知っておきたいヒノキ(桧・檜)フローリングのメリット・デメリット

ヒノキ(桧、檜)はスギと並んで馴染み深い木材です。 ヒノキといえば「ヒノキ風呂」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 檜風呂は高級感があり、特有の芳香があり、日本人に愛されている素材です。 檜は浴槽などに使われるほど水分に強く、耐朽性(腐りにくさ)があります。 また、加工性にも優れている一方で、強度もあります。 その耐朽性や強度、さらに虫を忌避する成分を含むことか
▼続きを読む

床材に悩んでいる方へ!無垢材フローリングのメリット・デメリットについて

リフォームや家を建てるときに床をフローリングにする方も多いかと思います。 特に合板のフローリングにするか無垢材にするかで迷われる方も多く、どちらがいいのか相談される方が多くいらっしゃいます。 合板のフローリングは薄い木の板を接着剤で貼り合わせたものであり、安く抑えることができるため一般的な住宅で広く使われています。 一方、無垢材とは字の通り「純粋無垢な木」であり自然の木そのものを表し
▼続きを読む

素材選びの参考に!漆喰のメリットとデメリットについて

お城の壁のように真っ白できれない壁に憧れて漆喰を選択する方が増えています。 あのピシッとした白い壁は見ていてとても美しく、自宅にも取り入れることができるととてもいいですよね。 しかし、一見メリットが多そうな漆喰ですが、デメリットもあるのでは?と不安に感じている方も多いかと思います。 漆喰はきれいな壁を作ることができる反面気をつけなければならないこともあります。見た目の美しさだけに
▼続きを読む
  • サンプル