これだけ読めば分かる!無垢材の基本について徹底解説

これだけ読めば分かる!無垢材の基本について徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「無垢材とはなんだろう?」

家や家具を購入するときに「無垢材」という言葉を聞いて疑問に思われた方もいいのではないでしょうか。

なんとなく、「木の暖かみがあって良さそう」ということは感じるけど、そこまでよく分かってない。そんな方が多いかと思います。

この記事では、そもそも無垢材とは何なのか、どういう良さがあり、逆にどのようなデメリットがあるのか、そしてどのような用途に使われているか、といったことを解説していますので、理解を深めて素材選びの参考にしてください。

1 無垢材とは?

sozai建築物や家具等に用いられる素材の中に「無垢材」と呼ばれるものがあります。

「無垢」という言葉を聞くと、「純粋」「汚れていない」などのイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

無垢材とは、原材料である丸太から、実際に使用する時と同じ形状に切りだした木材のことです。つまり「本物」の木材ということになります。

そのように聞くと、多くの方は「あれ、それって普通の木材の事じゃないの?」と感じると思います。

しかし実は、一般的に使用されている木材の中に、こうした無垢材は意外なほど少ないのです。
木を使用した素材には実に様々な種類がありますが、大きく分けると「ソリッド構造」と「フラッシュ構造」の2種類に分けられます。

そして無垢材というのは、「ソリッド構造の素材の中の1種類」に該当します。

それぞれについて次で説明していきます。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

2 ソリッド構造とフラッシュ構造

2−1 ソリッド構造

ソリッドとは「固体の」「中が密に詰まった」という意味を持つ英語です。
ソリッド構造と言うのは、その単語のそのままの意味で理解して頂くのが最も早いと思います。

つまり、「中身が詰まった素材」、さらに分かりやすく言えば、「中身が空洞になっていない素材」のことを指します。

無垢材はこのソリッド構造に該当し、その他にもパーティクルボードやMDF(中密度繊維板)といった加工素材もソリッド構造です。

2−2 フラッシュ構造

フラッシュ構造は、ソリッド構造の逆の作り、つまり「中空になった素材」のことです。

外側と芯の部分にだけ木材を使用して骨組みを作り、その上に木目状のシートを張り付けて作る合板のことです。
中身が空洞なので持ち運びに優れ、しかも反りやゆがみなどの狂いが生じにくいという特徴があります。

また、材料の木材が少なくて済むため、環境にも優しいという特徴があります。

しかし、ぱっと見では「木製家具」でも、実はフラッシュ構造の家具というのは驚くほど多く、実は身の回りにある木製家具だと思っていたものも、調べてみたらフラッシュ構造だということも多いです。

フラッシュ構造の素材のなかには、外側のシートに見た目が美しい木目や突起のあるものを使用し、本物っぽく加工している場合もあるのです。

ソリッド構造とフラッシュ構造、どちらが良いのか?

一概にソリッド構造とフラッシュ構造のどちらがいいとはいえません。
建築のプロは、それぞれの一長一短を理解した上で、使用目的や環境に応じて使い分けています。
とりあえずここでは、「無垢材」というものが使われているのが意外なほど少ないということがご理解頂けたかと思います。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

3 無垢材の強み

ここまでご説明してきたように、無垢材とは最も原始的な木材の使い方であると同時に、現代においては使用されることの少なくなった使い方であるということも分かると思います。
では、その無垢材の強みは一体どんな部分なのでしょうか。

3−1 本物の木材だけが持つ木のぬくもりや重厚感

hinoki2表面のシートだけを上手に加工して木のように見せた合板が普及している中で、本物の木材である無垢材の放つ重厚感は特別なものです。
ぱっと見た瞬間に、それが本物かどうかというのは、人間は本能的に区別してしまうものです。

自然界ならではの、規則性のない本物の木目や木の節などは、高級感と木の温かみを生み出します。

また同時に、そこに漂う原始的な存在感と、ある意味での野性的な佇まいは、見た人の心を刺激し、インパクトを与えます。

3−2 丈夫で耐久年数が長い

丈夫であることも無垢材の大きな強みです。木は、地面に根を張って、その巨体を強靭な繊維の結合によって支えています。

並の合成素材であれば、あれだけ大きく重い状態になれば、自分自身の重さを支えきれなくなってしまい、崩れてしまうでしょう。

そのような意味で、木は自然のそのままの状態が最も強度が高いと言えます。
特にプロの間で「芯持ち材」と呼ばれる年輪の中心部分が入った無垢材の強度は高く、家の柱などにも利用されています。

それだけの強度と耐久性があるため、古い家屋や家具などに無垢材が使用されていると、それは現代でも、作られた当時と遜色なく使用することができ、アンティークとしての価値も付加されるのです。

3−3 使い込むほどに味わいが出る

無垢材は、経年と日光の照射によって、色合いが変化します。

木の種類によって、色が濃くなったり、薄くなったりもしますが、どちらにしても切り出してすぐには出ない色合いです。使い込んだ無垢材にしか出せない独特の味わいがあります。

3−4 修理が容易で、削り直しによって新品の状態に戻る

無垢材は、湿度や保存の状態によっては、反ってきたり、歪みが生じたりします。
しかしそんな時も、反ってきた部分や歪みが生じた部分を鉋(カンナ)で削って、再度表面加工を施すことで、新品同様もしくは新品以上のツヤを出すこともあります。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

4 無垢材の弱点

4−1 重い

無垢材の強みでもある重量感ですが、持ち運びをする際にはネックになります。
軽い合板の家具に慣れた現代人は、無垢材を使用した家具を持った時にその重さに驚かされることも多いそうです。

4−2 反りや割れ、歪みが出る場合がある

木は切り出した後も呼吸をしていますので、湿度や状態によっては反ったり、歪んだり、最悪の場合割れてしまったりします。特に若い木から切り出した無垢材は、年月が経過するに従って歪みや、反りが生じやすくなると言われています。

しかし、修復が容易であるという強みもありますので、マメにメンテナンスをしながら使って行けば永く使って行くことができます。

4−3 大量生産できず、価格も高い

工場でラインに乗せて生産、というわけにいかず、ひとつひとつ人間の手作業での切り出し、加工、組み立てになるので、大量生産ができません。
こうした理由により価格が高くなってしまいます。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

5 無垢材が適している用途

5−1 建物の構造材

houryuji例えば法隆寺は日本最古の木造建築物ですが、無垢材が使用されています。
1300年以上経ってもあの大きな建物を支え続けているのは、無垢材に確かな強度があるからに他なりません。

無垢材以外の合板は、どこかに必ず接着剤が使用されており、接着剤は木よりも早いスピードで劣化していきます。

無垢材の場合は、腐食や湿度にさえ気を付けていれば、何百年にもわたり、強度を保ち続けることが可能なのです。

また、自然な木が持つ柔軟性は地震が起きた時の揺れにも強く。建物全体にかかる負荷を「しなる」ことで分散させてくれます。
さらに、無垢材はそれ自体が湿度を調節する機能を備えていますので 、結露を防ぎ、建物の耐久性を維持してくれます。

5−2 家具

hinoki1家具においてもその耐久性の高さは評価されています。

合板と違い、表面のシートがはがれたり、接着剤が劣化したりということがないため、何世代にもわたって使い続けることができます。

古い箪笥やアンティーク家具を思い浮かべてください。

どれも経年による深い味わいがありませんか?

無垢材は何年も使い続けることで味わいが増し、新品の時とは違った良さがにじみ出てくるのです。近代的な家具にはない上品な味わいが生まれます。

また、古くなって修理が必要になっても、一度解体して表面を加工するだけで再度組み立てれば新品同様の輝きを復活させる事ができるのも強みです。

5−3 フローリング

劣化への耐久性が高いので、長期的に見ればランニングコストが安く済みます。
また、上記でも触れたように、無垢材には湿度を調整する機能が備わっているため、快適にすごすことができ、脚触りも良いので、フローリングにも適しています。

5−4 造作材

造作材とは、建物の内部の仕上げ材のことで、天井や床、階段、鴨居、敷居、ドア枠、手すりなど、目で見える部分や手や足が直接触れる部分です。見た目の安心感や、肌触りの良さが造作材に向いています。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

6 まとめ

このように無垢材には、合板には無いさまざまな特徴と、メリット、デメリットがあります。
それらは、根本をたどればすべて「耐久性の高さ」と「見た目」の2点に集約されます。

初期費用は合板に比べれば高いですが、その高い耐久性やメンテナンス性を考えると、ランニングコストは圧倒的に高くなるので、長期的に考えれば、圧倒的に無垢材の方が優れています。

また、使用するシーンにもよりますが、やはり樹木本来の温かみが出る無垢材は、他にはない安心感もありますので、今後家具や建物の購入を考える場合は、無垢材のメリットを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る