外構計画のポイントやスケジュールの考え方について詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

注文住宅を建てるにあたり、見過ごせないのが外構計画です。

家の「顔」となるエクステリアは、家の中と外との懸け橋となるデザインが求められ、かつ住宅本体の予算を圧迫しないコストパフォーマンスの良さも求められます。

そして何より、外構計画にはあまり時間をかけられない、という方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、外構計画のポイントと、その進め方について詳しく紹介していきます。

目的を踏まえた外構計画のポイント

外構計画をスムーズに進めるために、まずは計画の目的を明確にすることをおすすめします。

いくつか目的を洗い出すと、自然と優先順位がついてくると思います。その優先順位にもとづいて計画すると、完成までのスケジュールがスムーズに進むはずです。

ちなみに、エクステリアに求められる基本的な目的をふまえ、計画のポイントとして以下のような項目が挙げられます。

プライバシー保護

家の中で過ごす姿が外部の人に見られるのを防ぐ効果があります。

プライバシーを考慮したプランを外構に盛り込むことで、プライバシー保護と開放的な空間という一見相反した2つの要素を手に入れることができます。

例えば高めの塀で囲った中に庭を設け、その更に内部をリビングルームにすると、道路に面した部屋でもカーテンを開けたまま夜のリラックスタイムが過ごせます。
そうすることで部屋の中の環境がより豊かになるでしょう。

防犯

不審者の侵入を防ぐことも、外構の大きな役割の一つです。
侵入防止としては、大きくは視覚と聴覚の2つの観点から対策を考えることができるでしょう。

視覚対策は先ほどのプライバシー保護の話と関連しますが、具体的な外構プランとしては外部からの視線を遮る植栽や塀などが考えられます。

やはり外から内部が見える環境だと住人の在宅・不在がわかってしまう他、場合によってはリビング・寝室などその部屋の用途まで推察できてしまうからです。

聴覚対策となる外構プランは、例えば窓下を砂利敷きにすることなどがおすすめです。

人目につきにくい窓が1階にあれば、そこからの侵入対策は必須と言えます。砂利が敷いてあれば、そこを歩くと踏みしめる音がするため犯人も警戒し、侵入しにくい家と認識されるでしょう。

敷地境界を示す

これも外部からの侵入を防ぐための要素と言えます。

必ずしも塀やフェンスで囲わなくても、境界を示し、外部の人から「ここからは入ってはいけない敷地」と心理的に認識してもらうことが重要です。

敷地境界の辺りに少し植栽を植えたり、地面の仕上げを道路や隣地と区別できるように変えたりします。
そのように境界線を明確に示すことで、隣地が住宅の場合には何かとトラブル防止になりますし、街中の住宅なら不特定多数の人が敷地内を歩いてしまうことを防ぐことができます。

駐車スペースの確保

マイカー所有の方には欠かせない項目です。

車を雨風から保護するならガレージやカーポートなど屋根のあるプランを検討したり、こだわりの車なら展示も兼ねられる位置に配置したりと、ライフスタイルに沿った駐車スペースを計画しましょう。

風・音対策

外構は、風雨から建物や内部環境を守る役目も果たしてくれます。

リビングルーム側の外壁から庇を大きく出し、庭と一体化した半屋外デッキを室内から一続きにするなど、プランによっては天候に左右されない豊かな空間づくりが可能となります。

また、厚さ・高さのある塀や生垣などの外構は、騒音対策としても非常に有効です。

外を通る車の音や工事音が室内に入るのを軽減させてくれるだけでなく、ホームパーティーや楽器の練習音、オーディオ機器など家の中から出る音が外に直接響くのを防ぐ効果も期待できます。

デザイン

周辺の建物や景観と、計画している自宅建物の外観からインテリアまでのデザインにつながりを持たせる効果がエクステリアにはあります。

内装材と外壁、そして外構に使う素材の色合いやテイストを統一するなどし、うまくデザインを調和させることができれば、室内にいても外部まで一続きの空間として捉えることができ、実際の部屋の広さよりもかなり広く感じさせることが可能となります。

これらをふまえ、いよいよ外構計画を立てていきます。

外構計画のスケジュール

おおまかなスケジュールは以下のとおりです。

1.外構の予算を立てる
2.外構に求める事がらをまとめる
3.業者をピックアップする
4.プランや見積りを比較検討する
5.外構業者との施工契約へ
6.外構工事
7.工事完了・引渡し

では、早速各プロセスについて順番に見ていきましょう。

1.外構の予算を立てる

一般的な木造2階建て住宅における外構の平均予算はおおよそ150万円と言われています。

もちろん建物を建てる場合と同様に、こだわればこだわるほど費用というものは上がっていくものです

また、デザインや機能以前の問題で、土地に高低差があり土留めが必要な場合や土地全体を塀やフェンスでぐるりと囲む場合など、周辺環境に由来する予算オーバーという可能性も考えられますので、敷地の条件などを踏まえ、予算組みの前に設計者や施工業者に確認してみることをおすすめします。

以上のような理由から、可能であれば余裕のある予算編成ができると良いでしょう。

また、予算組みが厳しい場合には、建物の新築時に外構を一気に完成させるのではなく、何期かに分けて予算を分散させて工事を行うのも一つの手段です。

少し手間をかけてでも愛着の持てる家づくりを重視するなら、DIYもおすすめです。

多少仕上がりが荒くても気にならない外構部分なら、自分たちの好きなデザインやライフスタイルも思い切って表現できるのではないでしょうか。

2.外構の要望をまとめる

予算を決定した後は、いよいよ外構計画の目的と、それに伴った要望の洗い出しです。

この記事の冒頭で述べたポイントを参考に、自分達だったら何を優先するかを考えていきます。
できれば1か月ほどかけて、家族で話し合いながら項目を挙げ、各項目の優先順位をつけていくと良いでしょう。

3.業者を選ぶ

おおよその要望がそろった段階で、外構業者をいくつか選びます。

プランや見積金額を比較検討するためですので、どんな要望を投げかけるか、項目を統一する必要があります。

また、相見積は3社以上取ることがおすすめです。1~2社だとプランや金額に偏りがあったとしても気付きにくく、比較材料として不十分だからです。

なお、問い合わせからヒアリング、プラン・見積もりまでは1~2か月かかるのが一般的ですので、外構業者を選んだら早めに見積依頼を出しましょう。

4.プランや見積りを比較検討する

業者から提案されたプランや見積もりの比較検討は、2週間前後で結論を出すとその後がスムーズです。

これは依頼する側にとっても、出した要望を詳細に覚えているうちに資料を読んだ方が決定しやすいからです。

プランの提案内容が具体的かつ魅力的であるかを見ることと、見積りに関しては内訳まで目を通し、要望した項目が共通して盛り込まれているかどうかも確認します。

なお、相見積を取ることで、価格交渉の材料にもなるかもしれません。上手に見積を活用しましょう。

5.外構業者との施工契約へ

外構業者を絞り込んだら、工事の契約です。

この段階では、必ずしも見積の詳細どおりの内容と金額である必要はありません。
新築で建物を建築する場合、外構の詳細の確定は建物の着工前後くらいがちょうどよいタイミングです。

6.外構工事

建物の着工前後に外構の契約や詳細が確定し、建物が完成・引き渡しとなり、その後いよいよ外構工事が始まります。

一般的な工事スケジュールとしては、建物の引き渡し直後に工事開始、その後2週間~1か月で工事の完了です。

もしも工事内容に高低差の土留めなどが盛り込まれている場合には、建物が着工する前にあらかじめ先行して工事が行われる場合があります。

また、外構工事では敷地の入口をふさぐ場合もあるため、たとえ建物の引き渡しが済んでいたとしても引っ越しは待たなければならないケースもあります。
工事や引き渡しのタイミングは、建築会社・外構業者双方に事前に確認するようにしましょう。

7.工事完了・引渡し

外構工事が完了し、引き渡しとなったら、建物同様に一通りその場で仕上がりのチェックを行います。

図面通りに完成しているかどうかに加え、傷や汚れ、設備関係の作動なども入念に確認します。特に傷や汚れに関しては、後で発見して申し出たとしても受け付けてくれない場合がほとんどです。必ずその場で目視確認してください。

なお、各種外構設備に関しては、保証期間やアフターサービス、メンテナンスに関しても聞いておきましょう。

まとめ

外構計画のポイントとスケジュールについてご紹介しました。
以上をふまえ、次のようなことを念頭に外構計画を進めていくと良いでしょう。

・目的を明確にし、ポイントをおさえる:
お金をかけてでもやりたいこと、優先順位としては下げても良いことを分け、計画している注文住宅の外構としてふさわしい要素を絞り込み、オーダーします。

・デザインは外部からインテリアまで、一続きに考える
計画や予算の内容にかかわらず、周辺の環境を内部空間に取り込めるようなプランにすることでお部屋を広く見せることができます。

・相見積で公平に比較する
最低3社の提案からプランの内容や費用を比較検討します。自分たちの要望や予算と合っているか、費用対効果のバランスを見ましょう。

・敷地条件を確認後、予算とスケジュール確認を行う:
高低差のある土地で建物に先行した外構工事が必要、引き渡し後もしばらく引っ越しできないなど、イレギュラーの費用や期間がかかるかどうかは早めに確認しておきましょう。

家の「顔」となるエクステリア。納得のいく仕上がりにできるよう、準備段階からスムーズに段取りをしていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る