知っておきたいヒノキ(桧・檜)フローリングのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ヒノキ(桧、檜)はスギと並んで馴染み深い木材です。

ヒノキといえば「ヒノキ風呂」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
檜風呂は高級感があり、特有の芳香があり、日本人に愛されている素材です。

檜は浴槽などに使われるほど水分に強く、耐朽性(腐りにくさ)があります。

また、加工性にも優れている一方で、強度もあります。

その耐朽性や強度、さらに虫を忌避する成分を含むことから古来より住宅のみならず神社仏閣の構造材として全国各地で用いられてきました。

フローリングにも適しており、その耐朽性・強度のみならずヒノキ独特の香りもあり、人気が高い木材なのです。

ただし、見た目だけでなくヒノキの持つその性質を理解した上で選ぶことがとても大切です。

この記事では、ヒノキを床材として使うことのメリットやデメリットについてご紹介していきますので、床材選びの参考にしていただければ幸いです。

1.桧フローリングのメリット・デメリット

1−1.メリット

・耐久性がある

houryujiヒノキを含め無垢材は一本の木から角材や板を切り出したものです。

そのため、合板フローリングなどでありがちな床下からの湿気などにより表面の単板がはがれてくるということがないため、劣化することがほとんどなくそのままの姿であり続けることができます。

ヒノキは加工が容易であることから寺院や神社の建築において昔から利用されてました。
実際にヒノキで建てられた世界最古の木造建築物である法隆寺は現在もその姿を見ることができます。

このようにヒノキは耐久性がとても高く、半永久的に張り替える必要がないほどなので、ずっと住むことを考えるとランニングコストを抑えることができます。

・色合いが良い

hinoki1ヒノキは最初は白っぽい見た目ですが、年月を経ることで徐々に味わいのある綺麗な飴色になっていきます

右の写真は実際のヒノキのフローリングを使ったものです。

光沢のある上品な色合い、木目を見ることができます。
作り付けの家具との相性もよく、注文住宅のように家にこだわりを出したい方にはとてもよいといえるでしょう。

・足触りが心地良い

無垢材のフローリングはとても「足触りが心地よい」という特徴があります。

フローリングの生活をしている方であれば、夏は「ベタつく」ような感じがするのではないでしょうか。
そして冬になると「ヒンヤリ」として足元が冷える、そのような経験があるかと思います。

ヒノキのような無垢材は熱伝導率が低いので断熱効果があります。
また、自然素材の調湿力という湿度を調整するという効果もあります。

こうした効果により、夏は涼しくさらっとした足触りを感じるだけでなく、冬は冷たさを感じることがなく快適に過ごすことができるのです。

・独特の風合いを感じることができる

hinoki2無垢材は素材が持つ性質上、傷がつきやすいという特徴があります。

しかし、無垢材は多少の傷はむしろ独特の味わいとして感じることができ、合板フローリングとの大きな違いといえます。
長い年月を味わいのあるものとして過ごすことができるのは自然素材ならではの魅力です。

また、年月を経るとともに劣化していくことは避けられませんが、それもまた色の経年変化として楽しむことができるのです。

・リラックス効果がある

檜風呂に入ったことがある方は、ヒノキの香りに癒されたという経験があるのではないでしょうか。

このようにヒノキの持つ独特の芳香は気持ちをリラックスさせる効果があります。

また、害虫の嫌う香りでもあるので、虫を寄せ付けないという効果も期待できます。

1−2.デメリット

・変形が生じる

これは無垢材全体にいえることなのですが、調湿作用があることで、木が収縮や膨張し隙間が生じたり、反ってしまったりすることがあります。
そのため、合板フローリングに比べ「安定性」という面では見劣りしてしまいます。

変形を防止するためには、乾燥を適切に行い、木材の含水率を一定以下に保つことが大切です。

・合板フローリングと比べて値段が高い。

これも無垢材全体にいえることなのですが、合板フローリングよりも高くなります。

先にも書きましたが、無垢材は合板と異なり原木から切り取ったものをそのまま使用するため、使用できる量が限られており材料費がかかってしまいます(合板などは端材を利用することができます)。

また、木をその場で切り取り、加工するため、ベテランの職人しか行うことができず、結果としてより多くの人件費がかかります

予算的にすべての部屋のフローリングをヒノキにするのが難しいのであれば、居室のみをヒノキのフローリングにして、他を合板のものにするといった使い分けることで比較的コストを抑えることができます。

しかし、先述のとおりヒノキは「耐久性」に優れていることから、導入にコストがかかるものの長年で見れば意外と高くないことに気づきます。

・床暖房に対応しているものが少ない

無垢材は床暖房に対応しているものが少ないため、床暖房を検討しているのであれば比較的高価になってしまうということも頭に入れておくとよいでしょう。

節有りのものは比較的リーズナブルな価格なので、予算を伝え相談してみることをおすすめします。

・着色が難しい

ヒノキは「火の木」とも言われるほど油分を多く含むため塗料が浸透し辛く、着色が難しいです。
好みの色に着色したい場合はぜひ相談するようにしましょう。

2.お手入れの方法

cleanヒノキのフローリングは定期的に独特の風合いを長く味わうことができます。

普段は雑巾などで乾拭きをする程度で十分です(無垢材は水に弱いため水拭きはおすすめしません)。

大掃除などではきちんと固く絞った布で拭き、最後に乾拭きをして仕上げましょう。

ワックスや塗装を行っている場合はご自身の判断でやってしまうムラの原因となってしまう可能性があるため塗料メーカーの指定する方法でお手入れをするようにしましょう。

また、年月とともに多少なりともキズなどはついていきますが、どうしても気になるキズや染みが出来てしまった場合は、目の細かいサンドペーパーなどで適度に擦ってあげると綺麗になるので試してみてください。

3.まとめ

ヒノキのフローリングは、合板フローリングなどに比べ高価であり、また安定性という面では劣るものの、その耐朽性によるランニングコストの高さや、無垢材のもつ調湿性による快適性、独特の芳香によるリラックス効果などを総合的に踏まえれば、合板フローリングより
檜フローリングを導入することが長い目で見るとおすすめだといえます。

そしてなにより、人に優しく、心地よい。最終的にはこれに尽きるのではないでしょうか。

家は人生の中で長い間いる空間です。ぜひ、後悔のないよう、あなたに合った床材を選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る

SNSでもご購読できます。