素材選びの参考に!漆喰のメリットとデメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お城の壁のように真っ白できれない壁に憧れて漆喰を選択する方が増えています。

あのピシッとした白い壁は見ていてとても美しく、自宅にも取り入れることができるととてもいいですよね。

しかし、一見メリットが多そうな漆喰ですが、デメリットもあるのでは?と不安に感じている方も多いかと思います。

漆喰はきれいな壁を作ることができる反面気をつけなければならないこともあります。見た目の美しさだけにとらわれることなく、漆喰が持つ性質を知ることも大切です。

ここでは漆喰のメリットとデメリットについてご説明しますので、素材選びの参考にしてみてくださいね。

1 漆喰のメリット

漆喰のメリットは皆さん何となくご存知かと思います。
ずばり、あの美しい壁は漆喰にするメリットといえるでしょう。その他にも漆喰にするメリットはいくつかあります。
以下ではよく使われるビニールクロスや珪藻土と比べながらメリットを紹介していきます。

1−1 時間が経っても美しい状態が続く

youshitu通常、洋室などの室内の壁はビニールクロスという壁紙を使うことが一般的です。賃貸の場合はほぼ確実にこのビニールクロスが使われています。

しかし、ビニールクロスは比較的安く簡単に貼ることができるというメリットがある一方、経年により汚れ・剥がれなどが発生してしまうというデメリットもあります。
そのため定期的な張り替えなどのメンテナンスが必要となります。

これに対し、漆喰は時間が経ってもほとんど変化がなく、美しい状態が続きます
漆喰の成分である消石灰が静電気を溜め込まない性質があるため、ホコリなどを付着させにくいので汚れがつきにくく白さを保つことができるのです。

ビニールクロスでもきれいだし、それでいいじゃないかと思われるかもしれませんが、住宅というのは一生住み続けるもの。

10年20年と時間が経つにつれ汚れが目立つようになりメンテナンスが必要となります。結果的に補修などすることでお金も多くかかってきてしまいますので、長い目で見るとメンテナンスが不要な漆喰は経済的にもお得になるといえるでしょう。

1−2 珪藻土と比べ平滑できれないな仕上がりになる

shikkui漆喰は珪藻土と比べられることも多い素材です。

珪藻土は藻類が化石化して堆積した土が主成分であるのに対し、漆喰は消石灰であり性質が異なります。

珪藻土は土壁っぽく少しザラザラした仕上がりになりますが、漆喰は「ピシッ」とした平滑な仕上がりで真っ白なるのでとても美しくなります。
ちなみに、珪藻土は白っぽい色や淡い土色など数種類あり漆喰とは違いカラーバリエーションがあると考えていただいてよいでしょう。

漆喰の独特の白い輝きや質感は、経年変化しても飽きのこないデザインを演出します。
白くきれいな壁にしたいという方にとってはとてもおすすめの素材といえます。

1−3 漆喰は基本的にはメンテナンス不要

2-1でもお伝えしましたが、漆喰は時間が経ってもあまり変化がなくきれいな状態が続きます。
そのため、メンテナンスは基本的には不要ですが、もし汚れなどが気になりメンテナンスをする際は壁を壊すことなく、漆喰壁の上にまた薄く漆喰を上塗りする事できれいにすることができます。

ですので、例えばお子さんが落書きなどで汚してしまったということがあっても簡単に上塗りすることできれいにできます。
また後述しますが、軽い汚れであれば消しゴムなどで消すことができるのでメンテナンスの手間はほとんどないと言ってもよいでしょう。

1−4 調湿作用により快適に暮らすことができる

調湿作用とは、湿度を調整する機能のことで、室内の湿度が高いと水分を吸ってくれ、逆に湿度が低いと水分を放出します。
さらに調湿作用により空気を通すのでダニやカビなどの発生を抑制する機能もあります。

漆喰は繊細な多孔質な素材(細かい穴が多数ある)です。このような素材の特徴から吸湿・放湿性に優れており居住空間を快適なものにしてくれるのです。

2 漆喰を使うことのデメリット

素材を選ぶときにはメリットだけでなくデメリットも考慮しましょう。漆喰はきれいな見た目にできる一方、性質上気をつけるべき点もありますので参考にしてください。

2-1 漆喰はひび割れが起こることがある。

漆喰は季節や天候・気温などの影響を受けやすいという特徴があります。特に外壁の場合は風など天候の影響を受けるので注意が必要です。
雨などで外壁が濡れてしまった場合、急激に乾いたりすると、ひび割れが起こりやすくなります。

これは漆喰の主成分である消石灰が水分を吸収し、乾いた際に水分を放出しその際に収縮することでひび割れを起こしてしまうのです。
そのため、外壁には撥水性のある天然成分を混ぜて塗ることでひび割れのリスクを減らすことができます。

2-2 手間と工期がかかるためコストが高くなりやすい

漆喰塗は、塗って押さえて乾かすという作業が必要であるため他の素材と違い仕上がるまでに手間と時間がかかります。
そうすると当然ビニールクロス貼りなどと比べて材料費だけでなく施工費も高くなる傾向があります。

また、天井面にも漆喰を塗る際は、上を向いてコテ塗り作業する難しさから平らに塗るのはとても大変な作業になります。
つまり作業に手間がかかる分、壁よりもコストがかかってしまうということです。

しかし、施工にコストがかかる一方、2−3で触れたとおりメンテナンスは基本的に不要であるため長期的に見ればそれほど気にならないかもしれません。
最初にあまり費用をかけられないという方はある程度予算を決めた上で選ばれると良いでしょう。

2-3 汚れると目立ってしまう

メリットとしてメンテナンスは不要だとお伝えしましたが、一方で漆喰で塗った壁は真っ白なため汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

漆喰は水分を吸う性質(調湿作用)があるので、特に水分による汚れは染み込んでしまうので、早めに処置をしないと汚れが落ちなくなってしまうので注意が必要です。

また、内壁はよく触れるスイッチ廻りが手垢で汚れてしまいがちです。
しかし、もし汚れてしまった場合でも、汚れの種類や程度にもよりますが少しの汚れであれば消しゴムで簡単に取ることができます。細かい紙ヤスリで軽くこする方法や、中性洗剤を使い白い布で染み抜きをするような方法もあります。

外壁の場合、汚れを含んだ雨が吹き付けたり、植木の汚れ、湿気によるカビ、排気ガスなども付着し汚れやすい環境にさらされます。
外壁を漆喰にする場合は、軒を深く作る事と、建物の周囲は塀や植木などとは適度に間を開けて通風を確保するなどの対策をすることでこのような汚れを防ぐことができます。

このように漆喰は美しい見た目であるがゆえに汚れが気になってしまうかもしれないということも知っておいてください。

3 まとめ

漆喰のメリットは
・時間が経っても劣化が少なく、味わい深い
・珪藻土と比べ平滑できれないな仕上がりになる
・基本的にメンテナンスが不要
・調湿作用により快適に暮らすことができる

デメリットは
・ひび割れが起こることがある
・手間と工期がかかることでコストが高くなりやすい
・汚れがつくと目立ってしまう

となります。

漆喰にこだわる方はその美しい見た目に魅了されて選択されるかもしれませんが、それだけ汚れには注意する必要はあります。
これらのメリット・デメリットを比較した上で決められるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る