快適な住環境

新築時に行っておきたい効果的な木造住宅の防音対策

木造住宅は騒音が気になるのではと心配されている方もいるのではないでしょうか。 確かに、木造住宅は鉄筋コンクリート造などに比べて使用する材料が軽いため遮音性能が低く、音を通しやすいという特徴があります。 しかし、最近の木造住宅は機密性が高く窓を閉めればそれほど気にはならなくなるのでそれほど神経質になる必要はありません。 木造住宅の防音対策については、近隣がうるさい、楽器を演奏したり
▼続きを読む

都市部に家を建てるなら知っておきたい30坪・2階建の間取りの考え方について

これから家を建てようと考えている方。 コンパクト過ぎず無理のない規模の住宅を考えた場合、一般的に30~40坪が一つの目安となることが多いのではないでしょうか。 若年世帯の場合、資金との兼ね合いでそうなってくる事もあります。 また、団塊の世代が定年を迎え、これからを考えた夫婦2人の住まい、または一定の年代に達した若世帯との分離型二世帯住宅といった場合、世帯ごとに30坪台を目安として検討する
▼続きを読む

平屋・30坪の家を建てる方に伝えたい間取りの考え方

昨今、都市部においては社会情勢、相続等の影響により土地が細分化され、需要と供給のバランスからか30坪程度に設定して売り出されるのをよく見かけます。 コンパクト過ぎず無理のない規模の住宅を考えた場合、一般的に30~40坪が一つの目安となることも多いのではないでしょうか。 若年世帯にとってみると、資金との兼ね合いで30坪の家を建てるという選択肢を選ぶということもあるでしょう。 また、団塊
▼続きを読む
  • サンプル