平屋にロフトを設置するメリットとデメリット、考え方について

平屋にロフトを設置するメリットとデメリット、考え方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

平屋だけれどちょっとしたスペースとしてロフトが欲しい。でも、実際使い勝手はどうなのだろうかと気になるのではないでしょうか。

平屋建て住宅の場合、同じ面積の2階建て住宅と比べて床面積が小さくなります。

そのため、物を置ける範囲や、住むことができる範囲が狭くなるということであり、どうしても物を置くスペースが足りなくなりやすいです。

そこで、平屋建て住宅には部屋の上半分を使ったロフト収納スペースを追加したり、屋根と天井の間にある小屋裏の空間を使用して様々な用途に活用できる小部屋を作ったりします。

今回はこの平屋をロフト付きにしたり小屋裏をつけたりするメリット・デメリットそして間取りや設計の考え方についてお伝えしていきますので、ロフトを検討している方は参考にしてみてください。

1 ロフトと小屋裏収納の考え方

loft平屋建て住宅は、住宅に関する全ての要素が1階に集中するため、部屋の数によっては面積が広くなります。これは建物の形状にも依存するのですが、シンプルな形で屋根をかけようとすると、平屋は大きな屋根になります。

家の中心部の天井と屋根の最も高い部分の差が大きくなれば、そこにスペースが生まれやすく、小屋裏の収納スペースが作りやすくなります。多くの平屋は屋根が高くなるので、天井の上にもう一つ部屋が作れるほどの高さが取れることが多いです。

しかし、だからといってそこに部屋を作ってしまうと法律上、その建物は平屋ではなくなり、2階建て住宅とみなされてしまいます。

2階建て住宅とみなされることによって、建物の申請自体を変えなければいけなくなったり、建築にかかる費用が変わってきたりとしてしまうので、平屋とはまた違うデメリットが生じてきます。

そのため、多くの人はこの平屋の天井と屋根の間のスペースを、法規制の範囲内である1.4メートル以下の高さに抑えた小屋裏として使用します。

もちろん、2階建て住宅でも小屋裏のスペースを物置として活用する家は多くありますが、平屋に比べて小屋裏の面積が狭くなります。そのため、平屋で小屋裏を作って活用した方が、大きめの空間が取れるので様々な用途に活用がしやすくなるのです。

用途としては、普段は使わないものを小屋裏に収納するという閉鎖的な使い方や、子供部屋として使用したり、眠るときに使用したりという開放的な使い方をします。

また、空間上、小屋裏と下の部屋が繋がっていればそれは小屋裏ではなくロフトとなります。法律上はロフトも小屋裏収納の扱いとなります。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

2 ロフト付き平屋のメリット

先述のとおり、ロフトは法律上居室としては認められないので、天井の高さは1.4m以下にしなければいけません。1.4m以上の高さの部屋を作ってしまうと、それは居室となり、2階建て住宅に分類されるようになってしまいます。

ただし、平屋建て住宅の場合、天井自体の面積が広いので、大きく開いている小屋裏の空間を有効に活用することができます。

ロフトや小屋裏のついた平屋を建てる場合の、最も大きなメリットは、その収納力の高さです。

平屋は2階建て住宅と比べてどうしても部屋の数が少なくなります。部屋の数が少なくなるということは、家の中にある物の数が同じで、部屋の数が少なくなれば、人が生活できるスペースが狭くなります。

しかし、日常生活でなかなか使用する頻度の高くないものであれば、ロフトや小屋裏に収納してしまうという手があります。

そうすれば、結局のところ2階建て住宅のいくつかの部屋を物置として使用しているのと同じような生活スペースを確保することができます。

ほかにもコストの面でもメリットがあります。

通常2階建ての家を建てると、平屋に比べると大きなコストがかかりますが、平屋建て住宅なら、天井と屋根の間に小屋裏やロフトとしてのスペースを作る場合は、通常の2階を作る費用の6~7割程度と大きく抑えることができます。ただ、階段を作るかハシゴを架けるかでかかる費用は変わってきますので目安としてください。

快適性の面でもロフトにはメリットがあるといえます。
ロフトには小さなサイズの窓であれば作ることは可能です。夏場の小屋裏は熱気がこもりやすいため、窓を設置することにより、小さな窓をいくつか設置し、換気・通風することで快適性を向上されることができます。

さらに、設計を工夫することにより、多目的スペースとして使用することができたり、狭いですが予備の部屋として使用したりすることもできるようになります。

使用方法として多いのは子供が小さいうちはロフトを子供部屋として活用するという方法です。小学校の低学年程度までであれば、天井の高さが1.4m以下でも十分に子供は過ごすことができます。
子供が大きくなってきたら下の部屋に部屋を作ってあげるとして、それまでの間、遊んでいる最中に壁に傷をつけたり、落書きをしてしまったりしても、ダメージが少ないように小屋裏を子供部屋とするのです。

基本的に来客は小屋裏のスペースを見ませんので、子供がおもちゃを散らかして遊んだとしても、急な来客が来たときに慌てて片付けるという必要もありません。

このようにロフトを設置することは多くのメリットがあるといえます。では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

3 ロフト付き平屋のデメリット

デメリットとしては、やはりその制限される空間によるものが大きいでしょう。

収納力は高いものの、やはり高さを十分に取れなかったり、窓も大きなものが作れなかったりと、様々な制限があるため、快適な部屋としての使用するのは難しいといえます。

また、普段の使い勝手も場合によってはデメリットとなりえます。

ロフトや小屋裏へ行くための階段を上手に作れればいいですが、スペース的に難しい場合、急な階段になってしまったり、最悪の場合毎回はしごを持ってきて上り下りしたりしなければならないというケースもあります。

そうなると、小屋裏の空間へ行くこと自体が億劫になってしまい、結局空間はあるだけで使わないということにもなりかねません。
こうした場合、「1階に置いてあると邪魔で、収納したいけれどサイズが大きくて梯子では運べない」というものも、結局小屋裏のスペースに持っていくことができません。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

4 間取り・設計の考え方

loft2ロフトは、一つの空間の中に作られた二層のうちの上の層のスペースを使用するということから、この一つの空間はある程度の広さがある部屋でないと窮屈になってしまいます。

また、屋根の形状から主に建物の中心付近の位置が最も小屋裏スペースがとりやすくなります。

こうしたことから、ロフトを設ける部屋はリビング・ダイニングルームが多いのです

ロフトの下の部分は、天井がやや低くなっても、それほど気にならないような和室などにするケースが多いです。

階段については、デメリットの部分でも述べたとおり、上手に設置しないと使わなくなってしまう可能性もあるので、ロフトの使い方や使う頻度によって階段の作り方を検討するようにしましょう。

使用頻度が少なければハシゴとするのも良いでしょう。折りたたみ式のハシゴや架け外しのハシゴを使用する方法もあり、それぞれ費用のかかり方が変わるので、ロフトを作る場合はその使い方をよく考えて決めたいところです。

スペースが取れるからという安易なことで決めず、家族でよく相談することが大切です。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

5 まとめ

建物の大きさや形状によって屋根の形は変わりますが、基本的に屋根をシンプルにかけると、ほとんどの場合、中心付近の小屋裏は部屋を作れそうなほどのスペースが取れるので、ロフトを設けるなど、上部空間の有効活用が図れます。

ロフトは空間の広がりの開放感や、使い道のバリエーションなどのメリットが多く魅力的ですが、やや狭い空間ながら下の部屋とつながりのある仕上げにすると、それなりに費用がかかるので、ロフトを設置するかどうかはよく考えて決めた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る