【部位別】外構工事にかかる費用と少しでも安くする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

玄関への外部アプローチやお庭、カーポートにフェンス…。
新築やリフォームした際、仕上げとなるのが外構工事です。

つい建物やインテリアに意識が向きがちですが、外構はいわば家の「顔」。

建物に見合ったクオリティで作り上げていきたいところです。

そこで今回は、外構工事にかかる費用の相場について、項目ごとにご紹介していきます。
さらに、少しでも安くするためのポイントについてもお伝えしていきます。

外構も含めた資金計画を練って、バランスの良い家づくりを目指しましょう。

【部位別】外構工事費の相場

ここではざっと部位別にどれくらいの費用がかかるのかを見ていきましょう。

整地・アプローチ

玄関までの段差があるかないかによっても変わってきます。
フラットでシンプルなアプローチなら20万円前後、バリアフリー仕様や階段を配置するなら50〜70万円ほどの予算を見ておくと良いでしょう。

門周辺

来客が必ず通る、まさに家の「顔」となるのが門まわりの外構です。

費用の相場としては、最もシンプルな門柱と門扉のみのスタイルなら15万円から、インターフォンやポスト、門灯を組み合わせたシステムタイプなら30万円程度が一般的です。

ここで価格に大きな差が出るのは、機能の部分。
デザインの要となる門扉本体は、概ね10〜15万円の範囲で様々なバリエーションの中から選べます。

予算を削る場合には機能面を最小限にとどめ、建物のデザインと合った納得の門扉を見つけてみてはいかがでしょうか。

フェンス・塀

隣地や道路との境界線に設けるフェンスや塀は、用いる箇所や目的によって価格にも大きな差が出てきます。

建物を完全に隠さないフェンスの場合だと20〜30万円、下部にブロックや植栽を組み合わせたフェンスだと40〜60万円、ブロックや塗り壁調等、塀で敷地を完全に覆うスタイルだと100万円以上かかるケースが一般的です。

塀は材料費がかかるだけでなく、高さがあるため構造計算やコンクリート基礎工事も必要となり、その分コストが割高になってくるのです。

フェンスはコスト面だけでなく、デザイン面でもおすすめの外構パーツです。
目隠し効果の高いルーバー状のタイプや、モダンなアルミ製素材から温かみのある木製素材まで、豊富な選択肢の中から好みや目的に応じた決定ができることでしょう。

また、建物を完全に覆わずに部分的な設置をすることで、コストカットはもちろん、建物が明るい雰囲気に見せられるというメリットも生まれます。

駐車・駐輪スペース

マイカーを駐めておくスペースは、車を雨風から守り建物のデザインを邪魔しない、そして入出庫にストレスのない仕様にしておきたいものです。

地面の舗装のみやガレージの建て付けなど、駐車スペースの在り方も様々ですが、ここでは一番人気のあるカーポートタイプについての相場をご紹介したいと思います。

透明な屋根のカーポートは、車1台用で25〜35万円、2台用で50〜70万円という価格帯が相場です。

大屋根のカーポートであれば自転車数台分の駐輪スペースは確保できますが、10〜15万円ほどで3〜4台分のカーポートタイプの駐輪場が作れます。

ちなみに駐車・駐輪スペースをコンクリートに整地する費用も、概ね15万円ほど見ておくと良いでしょう。

テラス・サンルーム

リビングルームとひと続きに作れば部屋自体も広く見せることができるテラスやサンルームは、半屋外の「第二の部屋」として人気の高い空間です。

屋根付きのテラスやサンルームの場合でも50万円前後という価格で作ることができ、部屋の増築より手頃であることから注目度も上がっています。

なお、ヨーロッパの邸宅のような完全室内にできるユニットタイプのガーデンルームだと、100万円ほどで取り付けが可能です。

ただしガーデンルームの場合には法律で設置条件が定められているため、あらかじめ施工業者に条件を確認しておきましょう。

一般的には、ユニットの窓から敷地境界線までの距離が1.5m以上あり、かつユニットの間口(幅)が2m以上あれば、外構工事としての設置が可能なケースがほとんどです。

ちなみにシンプルなウッドデッキであれば、25万円前後が費用の目安です。

もしも玄関前に庭を配置したプランなら、最もデザインにこだわるべきポイントとなるでしょう。
テラスと一続きにした庭であれば、100万円ほどかけると、芝生や石・レンガを敷いたり植栽を植えたりと、建物の一部としてデザインされたような庭を作ることができます。

外灯

玄関アプローチが長い場合には外灯を点在させておくと、安全面・機能面ばかりでなく雰囲気もアップさせることができます。

センサー付きのLEDライトにしておけば、導入後のランニングコストも抑えられます。費用相場は15〜20万円ほどです。

植栽

お庭やアプローチとセットでの施工するパターンの多い植栽ですが、シンボルツリーなどは単体で計画しても良いでしょう。
5万円〜10万円ほどの間で、全体のバランスを見て配置していきます。

 

外構工事の概算費用は、建物にかける金額の1割が相場とされています。つまり2,000万円の家なら、約200万円の費用を外構に充てられるよう、準備すると良いでしょう。

コスト削減のポイント

屋外の風雨や衝撃に耐え得るしっかりとした素材を使う外構工事は、デザインにもこだわると費用は積み上がってしまいがちです。

コストカットするには、基本的には使う素材を変えるか、DIYをするかのどちらかになるでしょう。

さらに言うと、素材に関しては同じものを複数箇所に使い回せるなら仕入れも一括で済むため、よりお得に工事を進めることができるでしょう。

例えば石やレンガ、焼き物系のブロックや床タイルであれば、玄関アプローチやカーポート下、庭部分などに共通で使える上、デザインにも統一感を出すことができます。

ただし、素材のクオリティをあまりに下げてしまうと耐朽性に問題が出てきてしまいますので、ある程度の質を確保の上で少しずつ自分たちのオリジナル仕様にDIYで完成させていくとよいでしょう。

建物の引渡しが済み入居してからも進められ、施工箇所によっては季節ごとに変化もつけられる外構工事だからこそ挑戦できる方法です。

あえて一度での完成を目指さず、家族で希望を出し合いながら低コストとオリジナリティを両立・追求するのも、外構づくりの一つの手段です。

部位別の費用を抑える方法

部位ごとに見ると様々な方法で費用を抑えることができます。ぜひ参考にしてみてください。

■整地・アプローチ

  • コンクリート打ちをする部分を必要最小限にする
  • コンクリートの代わりにブロックを手配し、飛び石風に設置する
  • 砂利をホームセンター等で自分で手配し、敷き詰める

■門周辺

  • 門扉を設けない。
  • 表札や門柱の機能を兼ねたポストや門灯を購入し、自分で設置する。

■フェンス・塀

  • ポイントとなる箇所にのみ取り付ける。
  • 塀ではなくフェンスを選び、その中でもシンプルなデザインのものを選ぶ。
  • 隣地との境界など、外からあまり見えない部分にシンプルな金網タイプを設置する。

■駐車・駐輪スペース

  • カーポートをホームセンター等で購入し、施主支給とする。
  • 大きさ自体を必要最小限に収める。

■テラス・サンルーム

  • デッキは自分で材料手配・設置し、塗装する(ウッドデッキにする場合、耐朽性に優れたウリンやサイプレス、スギ、シダーなどを選ぶと良いでしょう。樹脂製で本物に近い質感のものもあります。)
  • セットになっているものを自分で購入し、施主支給とする。または置くだけのタイプであれば、大人複数名で安全に気をつけて設置する。

■庭

  • 自分でガーデニングを行う。
  • テラコッタやレンガなどの床タイルを活用し、地面に敷いていく。

■外灯

  • ネットや量販店で気に入ったデザインのものを手配し、施主支給とする。
  • 杭タイプのソーラー式の外灯を自分で購入・設置していく。

■植栽

  • ガーデニングショップやフラワーショップ、植栽の卸店などに出向き、自ら仕入れる。
  • 苗を自分で植え、敷地の中で育てていく。

安く収めるには専門業者の相見積りを取ろう

仮に建物本体を大手ハウスメーカーで建てたとしても、外構工事はいくつかのエクステリア専門の業者に相見積を取ることをお勧めします。

これは、ハウスメーカーも結局はエクステリア業者に外注をかけるため、その分のマージンが費用に加算されることになるからです。

また、相見積をおすすめする理由は、エクステリア業者によって得意分野が少しずつ異なるから。

外構のメインが庭か、塀・アプローチか、カーポートか等により、一番お金のかかるメイン分野に長けている業者の提示金額が、最も安く挙がってくるはずです。

まとめ

外構工事にかかる費用と安く抑えるポイントについてお伝えしました。
これらの内容をふまえ、建物や敷地全体とのバランスのとれた素敵な外構を作り上げていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る