建築のプロが教える木造住宅のメリットとデメリットについて

建築のプロが教える木造住宅のメリットとデメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

鉄筋コンクリ-トや鉄骨造といった、木造以外の構造が住宅に使われるようになって、かなりの期間が経ちますが、日本ではまだまだ木造住宅が大半を占めています。

「新たに建築される住宅は、鉄筋コンクリートなどの方が多いのでは?」と思われるかもしれませんが、実は現代でも新規着工の住宅のうち55.5%は木造住宅です。

(平成27年度)半数以上が木造で住宅を作るのは、「木」という材質の持つ様々な特徴が関係しています。

木ははるか昔から、人々の生活をあらゆる角度で支えてきた素材です。
住居に関しても例外ではなく、旧石器時代から、竪穴式住居に木は用いられてきました。
これだけ長い間、人に愛され続けてきた木という素材のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

木造住宅には、柱と梁で組む構造の「木造軸組工法」と、決まった大きさの材料を組み合わせて釘で留める「木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)」の二種類がありますが、ここでは主に「木造軸組工法」について説明します。

1.木造住宅の3つのメリット

1-1.木は人にやさしい

「森林浴」という言葉があるほど、木には生物をリラックスさせ、安心感を与える効果があります。
人は、古くから木材に囲まれた生活を送ってきたため、本能的に木がまわりにあると落ち着くのです。

また、鉄骨などに比べて断熱性に優れているため、「夏は涼しく、冬は暖かい」といった、より心地よい家づくりをすることができます。

さらに、木材は高い吸放湿性を持っています。吸放湿性とは、湿度が高ければ水分を吸収し、湿度が低ければ水分を放出するという、湿度の調節機能です。そのため、梅雨の時期でもベタつかず、冬の時期も過乾燥を防ぐなど、快適性を保つ効果があります。

1-2.建築コストが割安

木造住宅は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造など、他の構造の住宅に比べてコストが低いです。
木造住宅のコストが安いのには、2つの理由があります。

理由①材料費が安い
コンクリートや鉄骨に比べ木材の方が材料費が安いため単純に全体のコストが安くなります。

理由②工期が短い
鉄筋コンクリートの工期は8カ月程度、木造の工期は4カ月~6カ月程度と、大きく差があります。
工期が短いということは、それだけ必要な人件費等が変わってくるため建築会社に支払うお金も安くなります。

これらの理由により、木造住宅の方が比較的建築費用を押さえることができます。

坪単価(1坪あたりの金額)で比較すると

木造=30万円~80万円
鉄骨=50万円~90万円
鉄筋コンクリート=60万円~100万円

となり、木造が最も安く、鉄筋コンクリートが最も高く、
鉄骨がその中間にくるという金額の構図になります。

さらに、何らかのトラブルが発生し、修繕が必要になった場合、
修繕費も他の構造に比べて安いという特徴もあります。

しかし、必ずしもすべての場合において木造の方が安いとは一概にいえません。
構造材などに使用する木材の種類や大きさ・量、造作家具や内装のこだわりによっても、建築費が上下するということを覚えておいてください。

1-3.自由度が高い

木造軸組工法の場合は、基礎・土台・柱・梁で構成されるため、建築基準法などの法的基準を
満たす限り、間取りやデザイン、仕様を自由にプランすることができます。
そのため、注文住宅に向いた工法といえます。

「真壁造り」など、和風で伝統的な住宅にも使用できるため、特に和風の住宅を希望する方に、木造は適しています。

また、木造住宅をメインに施工する会社や設計士が多く、予算や好みのデザインに合った業者を
自由に選択できることから、会社選びという点でも自由度が高いともいえます。
加えて、リフォームに関しても、自由度が高いです。

子供の成長とともに夫婦二人暮らしとなったり、子世帯と同居するようになったりと、時間の経過とともに家族構成が変化することは珍しくありません。そんな時に間取りが変更しやすければ、そういった家族構成の変化にも柔軟に対応することができます

木造軸組工法の場合、上述のように基礎・土台・柱・梁のように、「点」や「線」で構造が構成されるので、建築基準法を満たす限り間取りを自由に変更することができるのです。

そのため、例えば部屋間の壁を抜いて一つの大きな部屋にしたり、逆に大きな部屋に新たに壁を設けて2部屋に区切ったりと、間取りの変更がしやすいことも大きなメリットです。

ツーバイフォー構造の場合は木質パネルという「面」、鉄筋コンクリート造だと壁という「面」で構造を構成するため、壁を取り払って新たに空間を設けるという形のリフォーム工事がほぼ不可能です。
そのため、家族構成や環境が変わったとしても、間取りを変更することは難しいです。
この点も木造軸組工法の大きなメリットです。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

2.木造住宅のデメリット

2-1.水に弱い

木材の天敵は湿気です。

元来、木材は湿気に強いものですが、湿気を長く帯びたままだと
「木材腐朽菌」と呼ばれるものが発生してしまい、それらが木材の成分であるセルロースなどを
分解してしまうことで、いわゆる「腐る」という現象が起きてしまうのです。
特に、地面から上がってくる湿気に影響されやすい床下部分は、最も通風を気にしなければいけない箇所です。

また、腐朽菌の他にも気をつけなければいけないのはシロアリです。

シロアリは、湿気を含んだ木材を好むことから、木材腐朽菌と並んで気をつけなくてはならない害虫です。床下部分は、普段なかなかチェックすることができず、違和感に気づいたときには
すでに土台が腐っていたり、シロアリに食べ散らかされていたりということもあるので、こまめに害虫駆除業者などに点検してもらうようにすることが大切です。

訪問営業に来る駆除業者も多いのですが、簡単に話を鵜呑みにせず、信頼できる業者なのかどうかをしっかりと吟味した上で依頼する業者を選びましょう。

2-2.職人の腕によって仕上がりが左右される

木材自体は工場でプレカットされたものを使うのが主流なので材料自体にばらつきはないのですが、木造住宅、とくに木造軸組工法では、大工さんが木材の組み上げや、細部の加工を行います。

そのため、大工さんの腕によって、家の最終的な仕上がりが変わることになるので腕の良い職人さんと提携しているかどうかという部分も、業者選びのポイントになります

可能ならば、建築中の現場を見学することで、その会社や職人さんの姿勢や仕事ぶりを確認しておきましょう。口コミやインターネット上での評判のみに頼らず、実際に自分の目で
見極めることが業者選びに最も大切なことです。

60年以上本物の注文住宅にこだわり続けた
杉坂建築のノウハウを見る

詳しくはこちら

3.まとめ

安心する・居心地の良い家に住みたいというのは誰しもの願いです。そんな家の実現に非常に有効なのが、木造軸組み工法の家なのです。

建築費が抑えられたり、将来的に増改築を行いやすいというメリットももちろん大きいのですが、最も大きなメリットは、木に囲まれた生活ができるという部分です。

ただし、同じ木造というジャンルの中でも、なるべく集成材や圧着加工された木材は使用せずに、本物の無垢の木材を多く使用するようにしたいところです。

無垢の木材というのは、加工を施さずに、切り出した木材をそのまま使用する木材のことです。
現代は、意外とその無垢の木材が少ないのです。

冒頭でもお伝えした通り、木ははるか昔から人間の生活に深く根付いている素材です。
木という素材への安心感は、人に遺伝子レベルで組み込まれているものだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私たちのホームページをぜひご覧ください

本サイト「たてぞう」を運営しております杉坂建築事務所では、住宅の新築・リフォームについて悩みを抱えていらっしゃる方へ無料でご相談を受け付けております。

 これから家を建てたいけれど何から考えればいいのか分からない
 素材にこだわりたいけれど予算がない
 土地の探し方を教えてほしい
 リフォームをしたいが優先順位が分からない
 とにかく後悔しない家づくりをしたい


私たちは東京・世田谷区で60年以上もの間、本物にこだわり続けた家づくりをしてきました。
そこには快適さと安心をもたらす住宅を作るための経験とノウハウがあります。

満足のいく家づくりにするためにも、上記に該当する方はぜひともお気軽にお問い合わせください。
どのようなご相談も無料で対応させていただきますのでご安心ください。

まずは杉坂建築事務所のホームページから雰囲気を感じ取っていただければと思います。建築の流れや、多くの事例、お客様の声を見ることができます。

ホームページを見る