理想の住宅

【事例付き】古民家風住宅を建てるときに考えておくべきこととは?

近年、古民家を再生してリフォームすることが注目を集めています。 昔の柱や梁などの構造を生かしながら現代的なデザインを取り入れることでとても魅力的な物件へと生まれ変わります。 しかし、そうした憧れだけで古民家風住宅を建てる前に知っておかなければならないことがいくつかあります。 今回は、古民家風住宅を建てようと検討している方に向けて大切なことをお伝えします。 また、実際の事例紹
▼続きを読む

【徹底解説】古民家のリフォームにかかる費用について

古民家をリフォームすると言っても家全体なのかそれとも内装や水廻りだけなのかによって費用は大きく異なります。 リフォームをする際に費用や相場を知ることは重要です。 ただ、長い年月を経た民家ですから、実は手を入れた方が良い箇所が住まい手の考えとは別にあったりもします。 と、古民家リフォームは難しい部分があり、これらは住まい毎に実際に見ないと何とも言えないところです。 でもやはり費用感を
▼続きを読む

リビングを和室にするなら知っておきたいメリットと注意点

家族の団欒を表現する「お茶の間」という言葉があります。 子供世代や親世代、さらには祖父母の世代まで人気がある有名人のことを、少し古い言葉ですが「お茶の間で大人気」などと表現したりすることもありますね。庶民的な言葉ですが、しみじみとした温もりがあり、世代を超えて家族が一緒に過ごしている雰囲気が伝わります。 実際に、昭和の時代にはそのようなご家庭が普通だったようですが、現代では和室でちゃぶ
▼続きを読む

土間のある家を考えている方へ | 間取りの楽しい考え方をお伝えします

家の中に土間を採り入れてみたいという方、いらっしゃると思います。 町家や民家的な空間デザインへの憧れであったり、外部との繋がりを考慮したオーガニックな生活だったり、イメージは様々です。 本記事では、土間空間をつくる上での間取りの考え方や注意点についてお伝えします。土間のある空間を検討している方は参考にしてみてください。 1 間取りの考え方 玄関空間をリビングの延長として捉える [
▼続きを読む

【事例付き】失敗しない平屋の外観デザインの考え方

平屋建の家は、近年見かけることが少なくなってきました。 理由として、もちろん敷地の広さに関する問題もありますが、都市部だけの事ではありません。 高度成長期を経て豊かになると物が増え、家族の住まい方の変化により住宅は使用目的ごとに部屋を設けるようになりました。それに伴い、全体的にある程度の大きさが必要になってきているため、平屋形式で面積確保する事が難しくなっているのです。 昔であれ
▼続きを読む

平屋にロフトを設置するメリットとデメリット、考え方について

平屋だけれどプラスアルファのスペースとしてロフトが欲しい。でも、実際使い勝手はどうなのだろうかと気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 平屋建て住宅の場合、同じ面積の2階建て住宅と比べて屋根面積が大きくなります。 そのため、天井裏のボリュームも大きく、ちょっともったいない感じもします。 ですが逆にこれは未利用空間が多分にあると言い換える事も出来ます。平屋建て住宅は、部屋
▼続きを読む

失敗しない中庭のある家づくりの考え方とは?

家のどこにいても太陽の光と緑をふんだんに感じられる中庭は、プライバシー保護と開放感が両立できることから、近年特に人気が高まっています。 しかし間取りの問題など、中庭のある住宅に難しさを感じ、敬遠している方も多いのではないでしょうか? 実際に、満足度の高い「中庭のある家」にはいくつかポイントがあります。そこで今回は、メリット・デメリットをふまえた中庭の住宅プランについて考えていきます。
▼続きを読む

年齢や性別ごとに考えるのが重要!子供部屋の間取りの考え方

お部屋の間取りを考える際、実は「子供部屋」の間取り決めが結構難しい、という方は少なくありません。 子供の人数や性別、年齢、そしていつか来る独り立ちの日のことも考えると、始めから間取りを決めるのはとても困難に思えるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、子供部屋の間取りの考え方についてご紹介いたします。 子供部屋に必要な広さはどれくらい? 先ずはそもそも住まいの計画に当たり子供部
▼続きを読む

狭小住宅に快適に住むための間取りの考え方

狭小住宅とは、その名の通り、「狭小な土地に建てられた狭小な住宅」のことをいい、土地目一杯に家を建てることが多いです。 では、どれくらいの広さなのか?というと、明確な定義はありませんが、一般的に約15坪(50㎡)以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれています。 窮屈でいびつな間取り…。狭小住宅と聞くと、そんなデメリットを思い浮かべてしまう方も多いのではないでしょうか。 確かに大人
▼続きを読む
  • サンプル