快適な住環境

一戸建ての間取りを考えるときの基本について

「間取りを決めたいけれど、思うように決められない」 「考えることが多すぎてどんなことから決めればよいのかわからない」 間取りを考えている方はこうしたことにお悩みはないでしょうか? 間取りは収納や動線、土地の形など考えるべき点が多く、何から手をつけたらいいのかわからなくなるでしょう。 ですが、ポイントを押さえて決めていくことで、間取りを決めるのもスムーズになりますし、失敗も少なく
▼続きを読む

居心地のいい家とはどんな家?理想の家にするための方法

帰りたくなるような家や友達が集まってくる家など、あなたにとって「居心地のいい家」とはどんな家でしょうか? 「居心地のいい家」を作るにはどうすればいいか、と気になる人も多いかと思います。 今回は居心地のいい家を作るために、いくつかのポイントを中心に、自分も家族も来客者もくつろげる家づくりについて考えていきましょう。 1.居心地のいい家にするための間取りの考え方 居心地のいい家というの
▼続きを読む

住宅の断熱材を比較し、家づくりの参考にしよう

電気や石油・ガスなどののエネルギー不足は世界的に深刻な問題となっていますが、特に資源の少ない日本ではエネルギーがあまり自給できず、国を挙げての省エネ対策が進んでいます。 住宅の分野でも、こうした省エネ対策に高いレベルで対応できるよう、高機能な建材が数多く出ています。 特に断熱材は様々な種類のものが流通しており、住まいに合ったものを選ぶことで冷暖房の効率も格段に上がります。 そんな断熱
▼続きを読む

天窓から雨漏りを発見したときにやるべきことまとめ

「天窓から雨漏りを発見!」 そんなとき、不用意に自分で修理しようとしないようにしましょう。まずは雨漏りした部分を確認し、業者に依頼するという流れを必ず行うことが重要です。 ここでは、天窓が雨漏りしたときにやるべきことを専門家が解説します。 一通り目を通していただき、正しい対処を行うようにしましょう。 天窓から雨漏りしたときにまずやるべきこと 天窓から漏水を発見。そんなとき、自
▼続きを読む

メリットばかりじゃない!天窓のデメリットも知って設置を検討しましょう

屋根に設置されたトップライトとも呼ばれる天窓。 おしゃれな家の雰囲気はさることながら、部屋の中に光を取り入れたり、換気を確保するためなど快適な空間を作り出すためにも取り入れたい天窓ですが、実際に設置を検討したいと思う人も多いはずです。 しかし、天窓には少なからずデメリットも存在しますので、設置してから「こんなはずではなかった…」とならないように事前に知っておく必要があります。 こ
▼続きを読む

吹き抜けの寒さ対策を考える上で非常に重要なポイントについて

家の中に吹抜けを設けると開放感が出る一方、「冬は寒い」というイメージをお持ちの方も多いかと思います。 吹き抜けによって寒くなる理由は、空間が広くなると、暖房能力がそれに見合わない場合に効果が弱まってしまうということがあります。また、暖かい空気は上部に、冷たい空気は下部にたまる性質があるため、吹き抜けを暖気が上昇してしまうと足元は冷えてしまいます。 旧来の住まいでは家自体の断熱性能が低か
▼続きを読む

ホームエレベーターの設置にかかる費用や維持費について詳しく解説

一戸建て住宅に住んでいて、将来的に不安を感じる事といえば階段の上り下りではないでしょうか。 1階から2階、2階から3階の移動に階段を使わなければならない場合、お年寄りの方には足腰への負担が大きくなります。 家の中で最も多い種類の事故は階段事故です。万が一の階段事故を防ぐために、家の中にエレベーターを設置する家庭が増えています。 また、何らかの理由で車椅子に乗って生活しなければいけ
▼続きを読む

バリアフリーで快適で住みやすい住宅にするためのポイント

家は何十年と住み続けるものです。そのため、今は問題なくても将来的に介護をしなければならないときがくるでしょう。 また、現状高齢の方や身体が不自由な家族にいらっしゃるという場合、今すぐバリアフリー住宅にしたいと考えている方もいるかもしれません。 快適で住みやすい住宅にするためにバリアフリーで考えておかなければならないことは多くあります。 今回は、バリアフリー住宅を検討しているのであればぜひ
▼続きを読む

高気密・高断熱住宅のメリットとデメリットについて詳しく解説します

高気密・高断熱住宅は、断熱材や二重窓などにより家の気密を高めることで外気からの空気を入れないようにし、そして中の空気を外に逃げないように施した住宅です。 そのため、冬は暖房で温まった空気を逃しにくくなるため、暖房の効率をよくすることができます。 そうすることで、冬は暖かく快適に暮らすことができるだけでなく、電気代の節約にもなります。 しかし、夏は逆に暑くなるというデメリットもあり
▼続きを読む
  • サンプル